職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
話題の職業

施設介護職員(介護福祉士) 2015.03.10 UP

提供:理化学研究所

>>Q&A
Q.  この間「クマ型の介護ロボット」が開発されたというニュースを見ました。お年寄りが立ち上がるのを支えたり、抱きかかえることもできるそうです。ロボットが介護に役立つなんて、意外でした。介護の仕事は、将来どのように発展していくのですか?
A.  先日、理化学研究所が発表した「ROBEAR」のことですね。人を持ち上げる力強さを備えつつ、高齢者に不安を感じさせないような柔らかい動作もできるなんて、すごいロボットですよね。介助やリハビリに応用するため、今後も研究が続けられるそうです。ほかにも、介護業界には日々、さまざまな取り組みや変化が生まれているようです。

介護福祉士は、特別養護老人ホームやグループホームといった高齢者施設のほか、障害者施設などで、利用者の生活をサポートしています。食事や入浴、排せつといった介助のほか、体操や歌を取り入れたレクリエーションで身体機能の維持・向上を目指したり、認知症予防にも取り組みます。多くの施設では、外出や季節ごとの行事も豊富なので、そうしたイベントの企画や運営にも携わります。一人ひとりの個性や健康状態をふまえ、常に最適なケアを追究することが大切な仕事。利用者の家族や周囲のスタッフと協力しあう姿勢も欠かせません。

介護福祉士を目指すなら、国家資格が必要不可欠。介護施設に3年以上勤務したうえで国家試験に合格するか、厚生労働大臣が指定した養成施設を卒業すれば、資格を取得することができます(2015年3月現在)。しかし、ゆくゆくは国家試験の合格が義務付けられることが決まっています。

専門学校に進学すれば、福祉や医療の専門的知識・技術を基礎から学ぶことができます。学内の授業はもちろん、学外実習では、利用者との関わりを通して実践的に学びを深めることが可能。就職のアドバイスが充実している点も専門学校の強みです。また、2022年までに卒業する場合、合格率6割ほどといわれる国家試験を受けずに資格取得が可能なため、現在ますます注目が高まっています。厚生労働省に認定された専門学校なら、最大60%の学費を国が負担する「教育給付金制度」や、卒業後5年以上勤務すれば返済義務のない奨学金制度など、費用面のサポートも充実しているようです。

少子高齢化が進む中、介護業界の人材不足は大きな問題となっています。そんな中、2015年春からは介護職員の賃金がアップするなど、より多くの人が働きやすい環境を整えるため、さまざまな取り組みが進められています。また、今回開発されたようなロボットが介護現場に導入されれば、働く人の体力面での負担も軽くなりそうですね。将来は、人とロボットが共に働き、高齢者をケアするといった風景が当たり前になるかもしれません。


施設介護職員(介護福祉士)の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04100/
施設介護職員(介護福祉士)の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0030/gm0068/

関連職業
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。