職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
話題の職業

柔道整復師 2014.12.09 UP


>>Q&A
Q.  この間、落語好きの友だちと一緒に「第6回社会人落語日本一決定戦」という大会に行きました。そこで優勝したのが、関西の整骨院で院長を務めながら活動しているという落語家さん。「柔道整復師ならではのネタ」が評価され、実際とても面白かったのですが、柔道整復師とは普段、どんな仕事をしている人なのですか?
A.  柔道整復は、日本古来の武道「柔術」を元に、東洋医学や現代医学を取り入れつつ発展してきた治療法です。独特の手技で、スポーツや日常生活でのけがを治療するのが柔道整復師の仕事。接骨院や整骨院で働くほか、その落語家さんのように、自分で治療院を開業することもできます。詳しい仕事内容をご紹介しましょう。

柔道整復の大きな特徴は、手術や薬などに頼らず、打撲、捻挫、骨折などのけがを回復させることです。人が本来持っている自然治癒力を活かすため、人に優しい治療法として知られています。柔道整復師が用いるのは、主に3種類の方法。手で揉む、伸ばすなどして骨や関節を元の状態に戻す「整復法」、ギプスや包帯を使った「固定法」、電気や温熱で刺激を与えることで早い回復を促す「後療法」です。自らの判断が治療の指針となるため、患者さんとの密なコミュニケーションで、常に体の状態を把握しておくことも大切です。

柔道整復師を目指す人は、高校卒業後、専門学校などで3年以上学ぶ必要があります。その後、国家試験に合格すれば晴れて仕事をスタートすることができます。接骨院、整骨院、整形外科病院をはじめとした医療機関、介護施設などの勤務のほか、治療院を開業して経営する人もいます。

専門学校で学ぶ場合は、座学や実技、臨床実習を通して専門知識や技能を修得していきます。人の体の仕組みを知り、柔道整復の技術を基本から身につけます。学校によっては、スポーツなど多彩な分野について学ぶことができたり、柔道整復のルーツである柔道がカリキュラムに組み込まれている場合もあります。そのほか、国家試験や独立開業のフォロー、臨床実習なども充実しているところが多いため、多角的に学びを深めることができるでしょう。

柔道整復師には、さまざまな活躍のチャンスが広がっています。スポーツ施設やスポーツチームで選手をサポート、介護施設で高齢者に向けた運動機能訓練を行うなど、けがをした人以外にも、いろんな形でその力を発揮することができます。体の不調を改善させたり、機能を向上させることで人に喜んでもらえる職業です。「第6回社会人落語日本一決定戦」で名人となった落語家さんは「体だけでなく、心も癒されてほしい」と、医院で「せいこついん寄席」を開催しているそうですね。患者さんへの熱い思いが、そんな活動を続けるパワーの源となっているのではないでしょうか。確かな知識や技術はもちろん、患者さんを思う気持ちも、柔道整復師には欠かせません。情熱を持って日々取り組めば、多くの人を癒せる柔道整復師になれるはずですよ。


柔道整復師の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04250/
柔道整復師の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/?mode_srch=kw&keyword=%8F_%93%B9%90%AE%95%9C%8Et&x=36&y=2
柔道整復師の天職人情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/ob_show/jpsn00066/

関連職業 活躍する天職人
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。