職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

施設介護職員(介護福祉士) 2014.09.05 UP


>>Q&A
Q.  介護の現場を描いた漫画「ヘルプマン」にはまっています。ひたむきに頑張る主人公の姿を見て、将来は介護職に就きたいと思うようになったのですが、どうすればいいでしょうか。
A.  「ヘルプマン」は、介護施設などで働く人や高齢者をリアルに映し出した作品として話題になり、2011年には日本漫画家協会賞大賞を受賞しています。介護・福祉業界に従事するさまざまな職種の中でも、特に利用者と間近で接する機会が多いのは、身の回りのケアを任される介護福祉士といえるでしょう。「人の役に立ちたい」という気持ちを持ち、利用者の立場になって支えることのできる人が求められています。

主な仕事は、特別養護老人ホームやグループホーム、障害者関連施設などで利用者の食事や入浴、排せつなどの生活面を支えること。高齢や障害により日常生活を送ることが困難な人ができるだけ自立して過ごせるようサポートします。そのほか、体操や歌といったレクリエーションを行ったり、外出や季節ごとのイベントを企画・運営するなど、業務は多岐にわたります。一人ひとりに合ったケアを考え、会話などで信頼関係を築くことが最も大切。利用者の家族や周囲のスタッフと協力しあう姿勢も求められます。

介護福祉士になるためには国家資格が必要です。資格取得にはいくつか方法があり、3年以上の実務経験、福祉系高校の卒業のほか、大学の福祉系学部や社会福祉士・保育福祉士養成施設などで必要な科目を履修し、さらに指定の養成施設で1年以上学ぶといった進路が考えられます(2014年9月現在)。年度により受験資格が変わるため、注意が必要です。

福祉や医療の専門的知識・技術を基礎から学び、高めたい人に、専門学校への進学がおすすめ。学内はもちろん、学外実習では実際の現場を知り、利用者との関わりを通して実践的に学びを深めることができます。資格取得に向けたサポートのほか、就職のアドバイスが充実している点も専門学校の強みです。

今後ますます高齢化が進む日本において、介護や福祉業界に携わる人材は必要不可欠。にもかかわらず、現場でさまざまな利用者と接する中でコミュニケーションの難しさを感じたり、体力的な不安を抱える人も少なくありません。しかし介護福祉士は、利用者一人ひとりに寄り添い、日々の小さな変化をともに喜びあうことで、多くの人との信頼関係を築いていける仕事。サポートを必要とする人の生活を支えることで、大きなやりがいを得られます。活躍する多くの人が、利用者からの「ありがとう」の一言を励みに前進しています。


施設介護職員(介護福祉士)の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04100/
施設介護職員(介護福祉士)の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0030/gm0068/

関連職業
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。