職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

ウェディングプランナー 2014.05.13 UP


>>Q&A
Q.  結婚式を挙げた親戚のお姉さんに「ロケーションフォト」という屋外での記念写真を見せてもらいました。2人が初めて出会った場所などで撮影したとのことで「ウェディングプランナーさんがアドバイスしてくれた」とうれしそうに話していました。ウェディングプランナーとは、どのような仕事をする人なのですか?
A.  新郎新婦の希望を叶えつつ、親族や招待客にも満足してもらえる挙式・披露宴をプロデュースします。当日までにどんな準備が必要か、ウェディングドレスやタキシードなど衣装の選び方をはじめ、段取りや演出を決めるサポートをするほか、式当日のスムーズな進行を通して新しい門出を支える重要な仕事です。

新郎新婦やその家族の希望、予算などに基づき、どんな挙式や披露宴にするかを提案。プランや日程が決まれば、衣装、ヘアメイク、招待状、料理、引き出物、進行、BGM、花、写真や動画の撮影といった内容を相談の上で手配します。決めなければならないことが膨大にあるため、何度も打ち合わせを重ねたり、時にはリハーサルを行うことも。当日は新郎新婦のアテンドを務めつつ、司会や照明、配膳をはじめとした各担当と連携して滞りなく式を進めます。

活躍できる就職先の一つとして、ホテル勤務のウェディングプランナーが考えられます。アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)、アシスタント・ブライダル・コーディネーター(ABC)などの認定資格を取得しておけば、就職の際、有利になる場合もあるようです。

ウェディングプランナーに必要なのは、婚礼に関するマナーや常識、身だしなみへの気遣い、新郎新婦と信頼関係を築ける人間性など。変更やトラブルに臨機応変に対応できる柔軟性も必要といえるでしょう。専門学校なら、ウェディングに関する知識はもちろん、企画立案のノウハウ、最近の流行なども身につけられます。また、現場での実習や「模擬挙式」など、実際の仕事ぶりを身近に感じられる授業を設けている学校もあります。

式はもちろん、打ち合わせも新郎新婦の会社帰りや休日に行われるなど、ウェディングプランナーには変則的な勤務がつきものです。地道な業務に根気よく取り組みながらも、オリジナリティが求められる昨今のウェディング事情に対応した幅広い提案も欠かせません。楽とは言いがたく、責任の重い仕事ですが、一生に一度のイベントを間近で支える喜びは何ものにも代えがたいもの。新郎新婦に寄り添い、感動を共有できるのはウェディングプランナーならではの醍醐味といえるでしょう。


ウェディングプランナーの情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb00781/
ウェディングプランナーの関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0009/gm0049/

関連職業
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。