職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
話題の職業

歯科技工士 2013.11.12 UP


>>Q&A
Q.  来年結婚する姉が歯並びを矯正するため歯医者に通っており、キレイになるのを心待ちにしています。治療中は歯科医師だけでなく、歯科技工士とも話をすると聞きましたが、歯科技工士って何をする人ですか?
A.  歯科技工士とは歯科医師からの依頼で、歯の詰めものや被せもの、入れ歯、矯正装置などを作るのが仕事。歯の一本一本を、熟練した加工技術で丁寧に生み出します。
歯科の業務は分担されており、歯科医師は歯の治療をし、義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)の製作は歯科技工士が行います。

歯科医師のパートナーともいえる歯科技工士。オーダーメイドで作ったものが患者さんの一部となって健康を支えるという魅力があります。技術もここ数年で飛躍的に進歩しており、常に知識を増やしたりスキルを伸ばすなど、新しいことが学べるのも特徴。まさに医療業界のクリエイティブワークといえます。

歯には個人差があり、大きさ・形状はひとり一人異なります。義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)を適合させるためには100分の1ミリ単位でズレを修正するなど、高い技術力が必要。多彩な道具の使用方法、新しい材料の知識などを身に付け、多様な組み合せで患者さん一人ひとりに合った歯を作ります。最近は、歯科技工士と患者のコミュニケーションの場が広がり、感想を患者から直接聞ける機会も増えています。

また、歯科技工士の技術を応用した顎顔面補綴士(がくがんめんほてつし)の認定もスタート。火傷や腫瘍などが原因で鼻や耳などが欠損した患者さんに、人工的に精巧な鼻や目などを代替修復するエピテーゼ(人工のボディパーツ)を提供する分野へのキャリアアップも可能となりました。

歯科技工士になるには、歯科技工士養成所で技術を学び、歯科技工士国家試験にパスして資格を取得すれば、晴れて歯科技工士として活躍できます。資格が一生ものであること、手に職をつけられることから、昔から根強い人気があり、主な就職先は、歯科医院や歯科技工所。その他には、歯科器材メーカー、歯科材料関係企業、総合病院などがあります。将来、歯科技工所を経営し独立開業することも可能です。

歯科技工士の専門学校や養成所では、昼間の2年制と夜間の3年制の両方を採用している学校が多く、難解な国家試験に向けた対策ノウハウも豊富。十分な実習時間を設け、即戦力となる技術を培います。さらに就職はもちろん、学校によっては専攻科への進学や海外提携校への留学など、多彩な進路を用意。歯科衛生士コースの学生との合同実習など、実際の治療を想定した授業なども充実しています。

確かな技術を持つ歯科技工士が活躍できる場は幅広く、医療の分野へもどんどん進出しており、今後は多彩な分野で活躍できる資格といえます。なにより、歯並びなどで悩む人々を勇気づけることができ、多くの人の心の支えとなる仕事。やりがいも大きいことでしょう。


歯科技工士の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04140/
歯科技工士の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0013/gm0079/
歯科技工士の天職人情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/ob/jb04140/
歯科技工士のバーチャル体験はこちら
http://www.syokutai.jp/job/virtual/jb04140/

関連職業 活躍する天職人 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。