職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し
話題の職業

鍼灸師 2013.02.12 UP


>>Q&A
Q.  野球部の活動で腰痛が悪化したのですが、鍼灸院で鍼治療してもらい部活を続けられることになり、とても嬉しかったです。このことがきっかけで将来、鍼灸師を目指しているのですが、どのような学校に進学すればいいのですか?
A.  まずは、鍼灸師学科がある専門学校や短大、大学などに通い、国家試験の受験資格を得る必要があります。その後「はり師」と「きゅう師」の国家試験を受験し、両方の国家試験に合格すると、晴れて鍼灸師となることができるのです。学校によって授業料や設備、授業内容が異なるので、条件などをしっかり調べて、自分に合う学校を探してみてください。

鍼灸師は、東洋医学の一つである、鍼や灸を使った治療を行うのが仕事。直径0.16mmの鍼や高温の灸を扱い、全身に何百ヶ所とあるツボから治療にあったポイントを選んで刺激し、血流の流れをよくしたり筋肉の緊張をやわらげ、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。治療の領域は、神経痛、リウマチ、腰痛、肩こり、花粉症、ぜんそく、アトピーなど幅広く、症状の改善だけでなく、予防にも取り組みます。

鍼灸師を目指すには、資格はもちろんですが大切なのがコミュニケーション。患者さんがどこを治したいのか、しっかりと耳を傾けることが大切です。さらに五感を研ぎ澄まし、少しの変化も見逃さない洞察力も重要です。

資格取得後の進路や就職先は、独立開業をはじめ、鍼灸院、接骨院、病院や整形外科、スポーツジム、老人保健施設などさまざま。最近では、スポーツ選手のケガの治療やエステの施術にも鍼灸の要素が取り入れられているので、プロスポーツの世界やエステ業界で活躍する人もいます。

専門学校で心強いのは、国家資格試験の模擬試験や対策授業などのバックアップ体制が整っていること。さらに、東洋医学の本場である中国などで勉強できる海外研修など、カリキュラムも充実しています。夜間部を設置しているところも多く、社会人として働きながら学ぶことも可能。昼間のアルバイト先として、学校側から鍼灸院や整骨院などの紹介があり、現場での経験から技術が身に付くうえに、学費を得ながら通学できます。現場での研修経験など、在学中に鍼灸師としての進路についてじっくり考えることができるのもメリットです。最近では、美容など多岐に渡る分野で鍼灸師の人材が求められていることから、授業に美容やスポーツ医学を取り入れている学校もあります。

ケガとの戦いはプロスポーツ選手にとって、避けては通れないもの。その手助けをし、予防対策もうてる鍼灸師は、スポーツの世界では重要な存在です。しかも人間が持つ自然治癒能力を最大限活かし、負担の少ない治療が特徴ですから、今後ますますそのフィールドを広げていくに違いありません。ぜひ、困っている患者さんの力になれる鍼灸師を目指してください。


鍼灸師の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb00480/
鍼灸師の関連職業はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/?mode_srch=kw&keyword=%E8I%8B%84%8Et
鍼灸師の天職人情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/ob/jb00480/

活躍する天職人 関連職業
 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。