職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

動物愛護・保護施設スタッフ 2011.05.10 UP


>>Q&A
Q. 

東北関東大震災で被災したペットたちを救助している方々がいると聞きました。現在被災地では、どんな団体が中心になって活動しているのでしょうか?

A. 

動物愛護団体や保護施設スタッフの方々による被災動物の捜索が続いています。日本動物愛護協会・日本動物福祉協会・日本愛玩動物協会などのように公益団体になっているものから、有志の集まりのような小さいグループまで、大小様々な組織が活躍しています。

 現在、多くの動物愛護団体や保護施設スタッフが被災地に入り、飼い主とはぐれたり、やむを得ず置いていかれたペットを保護する活動をしています。
 自宅の敷地から一歩も出ずにひたすら飼い主の帰りを待ち続ける犬、ストレスから食べ物を与えても口にしない猫など、心が痛くなるシーンを多く目にするそうです。たとえ、飼い主が無事でも避難所生活のために充分面倒が見られないという現実もあるそうです。震災によって明日が見えない不安な日々を過ごしているのは人間だけではありません。
 しかし、地震発生直後から行方不明になっていた愛犬が3週間ぶりに発見されたという明るいニュースも飛び込んできましたね。宮城県気仙沼市の沖約1.8キロの海上で、屋根の上で漂流していたのを海上保安庁のヘリコプターが発見し救出。港に着いた犬は、宮城県の動物愛護施設に引き渡され、着けていた首輪の色やネームプレートから家族が探し出され、ついには再会を果たすことができました。

 このように、何らかの理由で飼育が困難になった動物達を受け入れ、飼い主を探したり、里親と動物達のパイプ役を務めるのが動物愛護・保護施設スタッフです。保護施設にやってくる動物達はケガや病気をしていたり、虐待により心に傷を負っているケースが多いため、あらゆる動物の飼育法や健康管理、看護や介護、メンタルケアなど専門性の高い知識を習得しておくことで色々な角度から動物達を救うことができます。動物全般のことが学べる専門学校ならば、学校で飼育されている動物達の世話をしながら知識を深めることができる他、実際に施設で野良犬の保護や里親探し、愛犬教室や適正飼養の推進などの経験を積むことも可能です。

 現在、被災地でのペット救助ボランティアが募集されています。細かい規則や制限があるので、直接支援団体に問い合わせてみるのがいいでしょう。また、ペットフードやゲージ、リードといった動物用の物資提供や、里親として動物達を迎え入れるなど、今から始められるボランティアがたくさんあります。一つでも多くの命を救う為に私たちができることを考えていきましょう。

動物愛護・保護施設スタッフの情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04720/

 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。