職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

自然・環境保護団体スタッフ 2010.04.13 UP


>>Q&A
Q. 

環境保護に興味がありボランティア活動でゴミ拾いをしています。いつかは、今以上に環境へ配慮する気持ちを多くの人へ伝える仕事に就きたいのですが、具体的には、どんな勉強が必要ですか?

A. 

自然に対する深い知識は、必要不可欠です。専門的に学べる学校で知識を習得しておくことで、環境保護スタッフとしての活躍に大きく役立ちます。

 今月末から公開される映画、「てぃだかんかん〜海とサンゴの小さな奇跡〜」は、世界で初めてサンゴの養殖に成功した金城浩二さんという方をモデルにした作品です。

 沖縄出身の金城さんは、久しぶりに潜った海で、海の生物が生息するために必要なサンゴ礁が90%も死滅してしまっている現状に大きな危機感を覚え、自らサンゴの養殖とサンゴ礁への移植を決意されました。
 子供のころから魚や動物が大好きだったとはいえ、専門的な知識を持っているわけではなく、独学でサンゴ養殖と移植を習得し、1999年から実験的に移植に着手。2007年にサンゴの産卵が確認されるまで、大変な苦労を重ねられたそうです。
沖縄の海を守るため、地球環境を保護するために、自ら立ち上がった金城さんの勇気と行動力を見習い、自然を大切にする心を皆が持つようになって欲しいものです。

 このように、金城さんも苦労をされた自然環境保護の取り組み。質問にもあったように、実際に仕事にするのなら専門的な知識が必要になってきます。山や海に住む野生動物の生態や保護、花や草木についての知識など総合的に学べる学校があるので、そういった学校で学んでおくことも、この仕事への近道です。
  日本だけで考えても、四季折々の花が咲き、旬の食べ物があり、暑さ寒さが巡ってくる。自然は本当に偉大で失うわけにはいきません。

 ゴミを出さないように心がけたり、公共の交通機関で出かけたりなど様々なエコ活動が進んでいますが、環境保護への取り組みはまだまだ始まったばかり。未来に生まれてくる子供達にも同じ景色を残したい!そんな思いを、どうか多くの人が持ち続けてくれますように。

自然環境保護団体スタッフの情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04180/



 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。