職業体験ネット将来の職業選びをサポート

天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 有利な資格で天職探し

話題の職業

映画監督 2009.04.14 UP


>>Q&A
Q. 

映画を観ると思うんです。いつかは自らメガホンをとってみたいな〜って。でも、映画監督って実際、どんな事をするのか知りません。具体的にどんな仕事なのでしょうか?

A. 

映画監督は一言でいえば、製作全体の指揮をとる仕事です。監督によっては、脚本、撮影、劇中音楽など細部にわたって幅広く手掛ける場合もあるので、監督自身の知識や感性の広さも試される仕事といえますね。

 先日行われたアカデミー賞で、外国語映画賞を受賞した「おくりびと」。ご覧になりましたか?慌ただしい世の中で、現代人が忘れかけている人と人との関わりなど大事なものを思い出させてくれました。
 監督の滝田洋二郎さんがメガホンをとったきっかけは、主演の本木雅弘さんが原作に感動し、映画化したいという相談を持ちかけた事がはじまりだったそうです。ディレクションの能力だけでなく、素晴らしい企画かどうかを見極める目も必要なのです。
 このケースのように企画が持ち込まれて、製作全体の指揮をとる人もいれば、撮影資金の調達から始まって、脚本を書き起こし、挿入曲を作曲したり、カメラワークなど現場スタッフまで兼ねながら、才能をフルに活かす監督もいます。製作の指揮者が、様々な知識や技術をもっていることで、企画に忠実な作品づくりができるのですね。
 そういった、映画制作にまつわる幅広い知識は、映画制作の専門学校で修得することができます。カメラ、編集ルーム、シアタールームなどプロ仕様の設備を使い作品を完成させていきますから、多岐にわたる技術を身につけられます。
なによりも、第一線で活躍している監督や映画スタッフから直接、講義を受けられるチャンスがあるうえに、業界の最新ニュースが入ってきます。同じキャンパスには、シナリオやCGなどの専門プロをめざす学生もいるので、お互い意見交換し、切磋琢磨しながら学業に専念できるのも特色のひとつです。
 細部までこだわった作品づくりがしたいという人、映画製作自体に興味のある人は、学校見学に行ってみるといいでしょう。

監督の情報はこちら
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb03760/gl/gl0015/gm0061



 
  HOME    お問合せ    プライバシーポリシー
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。