天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ペット・動物業界>動物飼育>

動物園飼育スタッフ

より魅力的な授業をして、 多くの人に動物を好きになってもらえる機会を作りたい!

名古屋コミュニケーションアート専門学校職員。高校卒業後に大学の工学部に入学したものの動物の仕事がしたいと2年で中退し専門学校へ。ペットショップ、動物関連商社での仕事を経て、現在は母校で動物飼育の仕事を目指す学生を指導している。



学べる学校一覧

>>>>きっかけ
好きな動物を職業にするイメージが湧かず、大学進学するも…
小さい頃から動物は好きだったのですが、職業にするというイメージがなかなな湧きませんでした。明確に何がやりたいのかが決まっていなかったので、高校で周りの友人が大学進学するなか、とりあえず自分も大学に進学しておけばつぶしもきくし間違いないだろうと、大学の工学部に進学しました。しかし、授業を受けていくと、これを職業にするのは自分に向いていない、仕事にはできないと思いました。そのときに、動物の仕事に就きたいと思いました。大学2年の前期、1年半で大学を退学しました。その後はアルバイトをしながら動物の専門学校を探して、入学しました。 

>>>>ペットショップに就職
動物の魅力をしっかりと伝えて、好きになってもらう仕事がしたい
専門学校へ入学したとき、動物飼育員かペットショップの仕事をしたいと思っていました。実践的な授業ばかりで、座学の授業でも講師の方が経験談を話してくれて、現場で使える、役に立つ知識がたくさん盛り込まれていて、興味のある内容なので一生懸命勉強しました。現場で経験を積む実習や研修が充実していましたし、早く経験値をあげていきたいと思っていました。早く現場に出たいと思っていたことと、学校の研修で行ったペットショップからのお誘いもあってアルバイトすることになり、そのまま就職しました。犬や猫もいれば魚、両生類、爬虫類、小動物と全て扱っている全国展開しているチェーン店で、僕の担当は犬猫以外全般、魚、両生類、爬虫類、小動物、あとは昆虫なども担当していました。犬猫以外というのは、実は希望通り。犬や猫は一般の方たちの認知度が高いのですが、小動物や両生類、ハ虫類の魅力を知っている人は少ないと思うんです。いま担当している授業にも通じるところがありますが、説明のなかで魅力をしっかり伝えて、好きになってもらい、理解してもらった上で買ってもらうという仕事がしたかったので。だから仕事のやりがいは「魅力を知ることができてすごくよかった、ありがとう」というお客様からの言葉でした。 

>>>>好きな動物について教えたい
自分が持っている知識や経験を人に伝えることが好き
動物園ではなくペットショップに就職したのは、接客の時間、お客様と話す機会が多いと思ったからです。専門学校で教えるという仕事もそうですよね、授業を通して動物についてより知ってもらうという仕事ですから。学生時代から、将来はここで教えたいと思っていました。この仕事の楽しさは、学生ですね。特に何も知らない1年生からは、教えたことに「へぇー」、「そうなんだ」といったリアクションをくれるので、それを見ているのが楽しいですし、最初はぎこちなかった学生たちが、動物の種類に限らず扱いが慣れてくる、そんな成長を見ているのも楽しいと思います。僕はプライベートではよく喋る方ではないのですが、接客や授業になるとモードが切り替わって饒舌になります。自分が持っている知識や経験を人に伝えることが好きなんだと思いますね。
授業中、興味を持ってくれない学生もいますが、その学生にも理由があると思います。そのために、準備段階からその学生たちにもしっかり聞いてもらえるように、いかに魅力的な授業をするかということを考えるのが難しいですね。また、どの業界でも言えると思いますが、次々と新しい情報が入ってくるので、日々変わっていく状況を把握しながら授業を変えていかなくてはいけない大変さがあります。 

>>>>動物の魅力
僕にとって動物は、その魅力を多くの人に知ってもらいたい存在
今は魚と鳥を飼っています。最初はワンちゃんでしたね。小さい頃から動物が好きで、年齢を重ねていくにつれてそれ以外の動物もはまっていったという感じです。動物は生きものなので、いろんな表情を見せてくれるのが一番の魅力ではないかと感じます。お世話をした分返してくれるときもありますし、癒やしだったり、生活にハリを与えてくれる存在でもあります。僕にとって動物は、そんな魅力を多くの人に知ってもらいたい存在でしょうか。 

>>>>最後に
僕が教えた学生たちが、さらに多くの人に動物の魅力を伝えて広がっていく。それが理想
そもそも僕が動物業界に入ったのは、多くの人にいろんな動物を知ってもらうことが目的だったので、より魅力的な授業ができるようになって、多くの人に興味を持ってもらえる、動物を好きになってもらえるという場をつくりたいです。また、自分が持っている経験や知識、動物の魅力を1から10まで全て伝えられるように、しっかりと言葉にして、どんな学生にも分かるようにかみ砕いて説明できる先生になりたいです。そして、僕が教えた学生たちが、さらに多くの人に動物の魅力を伝えてどんどん広がっていく。それが理想ですね。
ありきたりな答えになってしまいますけれど、学生から頼りにされる教師になっていきたいと思います。正直、今はがむしゃらにやっているところなので将来のイメージもあまりできてないのですけれど、徐々にそういう教師になっていけたらなという思いがあります。 

天職人データ
動物: 一番好きな動物はフェレットです。最初に飼った犬はミニチュアダックスフントなのですが、同じように胴長短足のところもかわいいです(笑)。家庭で飼育できる犬猫以外の動物のなかで、一番触れ合える、一番感情がある動物だと思います!


動物飼育の授業中。学生の頃に憧れていた講師になる夢を叶えた


授業の間に次の授業の準備。「一人も居眠りさせない魅力的な授業を目指しています!」


学校で飼育している動物たちの管理も岩田さんの仕事。


岩田さんが一番好きな動物がフェレット。「フェレットは賢くて、おやつをもらいたくてトイレでウンチをするふりをするんです。そういうところもかわいい!」


学べる学校一覧
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。