天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

デザイン業界>WEBデザイナー(デザイン業界)>

WEBデザイナー(デザイン業界)

遠藤卓也(えんどうたくや)さん1973年生
ショクギョウ:Webデザイナー/アーク リミテッド(大阪/西中島)
WEB コンテンツを中心とした広告・宣伝に関する企画立案と制作を事業内容とする。 アーク リミテッド(http://www.arc-web.jp)
29歳にして転身。歯車ではなく
会社の「柱」として活躍中。

大工になりたくて、入社した住宅設備の会社。そこでは趣味だったパソコンが7年後に は「飯のタネ」に、Webデザイン雑誌に載っていた作品に感化され、専門学校に行きなおし、二度目の就職活動で得た大きなチャンス。人生って何が起こるかわからない。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>きっかけ
29歳にして転身。歯車ではなく会社の「柱」として活躍中。
小さい頃? 大工を目指していましたね、ですので、大学卒業後の進路は、住宅設備機器の会社でした。工務店やお客さんと相談して、いかに所定のスペースに希望のシステムキッチンを収めるかなどをあれこれ工夫する仕事は性にあっていましたし、何より建設現場で大工の仕事を見るのは本当に楽しかったです。パソコン?もちろん好きでしたよ。大学時代からMacに夢中になり、初ボーナスでは自分のMacを買いました。大工仕事と共通点があったんでしょうか、どんどんその世界にも引き込まれて行きましたね。独学で勉強し、会社で必要な営業用のチラシなどの販促ツールも手がけるようになり、周りからもその腕が認められる存在になれました。デザインが楽しいと思い始めたのはそのころですね。 

>>きっかけ
あえて選んだ小さな会社、柱になってやる
ある日、本屋で何気なくWebデザイン雑誌を立ち読みしていた僕の目に、素晴らしい作品が飛び込んできました。一瞬言葉を失うほどの衝撃が走りました。それは有名なWeb制作会社のホームページだったのですが、とにかく激しく心を動かされました。どれほどのものだったかというと、・・・・・私の人生を変えてしまうぐらいです(笑)。
こういうものを自分もつくってみたい――心の中で長年くすぶっていたものがはじめて具体的な気持ちとなって現れた瞬間でした。会社に全く不満はなかったのですが、当時僕はすでに29歳を迎えようとしており、転職を考えるならこのタイミングしかないと思い、入社七年目にして退職を決意しました。デザインの専門学校に半年間通いながらの就職活動は大変でしたが、運のいいことに、WEBデザイナー職で最終的に2社の内定を得ました。ひとつは大手、もうひとつが今の会社です。なぜ大手を蹴ったかって?「歯車よりも柱になりたかった」そういうことです。 

>>やりがい
モノつくりは決して一人では成立しない。
それから早5年目。現在は、WEBデザイナーのとして制作はもちろん、チームで作る大きな 仕事を取りまとめるディレクターもやっています。カメラマン、ライターといった社外スタッフに発注をかけ、モデルを手配。自分を含めた社内のスタッフに作業を振り分け、それがバラバラにならないように意思統一をはかる。的確に指示を与えないと、折角作ったモノが、一つにつながらないことだってありえます。一見、一人で黙々とする作業のように思われがちですが、実際のところWEB制作はコミュニケーション抜きでは成立しないものなのです。その分、完成してクライアントからOKをもらった時の喜びもひとしお、その瞬間があるからこの仕事はやめられないんです。 

>>最後に
「何のためにつくるのか?」を決して忘れない
大きな仕事の場合、スポンサーが数社に企画を依頼し、一番気に入ったものを採用する、 「コンペ」というシステムがあります。知恵を絞って、企画を出し、それをよりよく見せるためのサンプルを作って・・・それでも負ければ何もなし、これほど報われない仕事はありません。今年、ある大きなコンペで負けました。「絶対勝つ!」という意気込みで望んだので、結果を聞いたときはそりゃあもうがっかりでしたよ。しかし後でよく考えてみると、その理由はすぐにわかりました。僕たちは勝ちたいあまり、その制作物を一体何のためにつくるのかという目的を見失っていたのです。およそものづくりは、その成果物の先にいる消費者なしには成り立ちません。企業と消費者のニーズに沿う形で私たち創り手の思いをうまくマッチさせてはじめて良いものができる。そんな当たり前のことがこのときは頭から抜け落ちていたのです。コンペには負けましたがこれに気づけたということは、やったことは無駄にはなってなかったのでしょうね。 

天職人データ
勤務時間: オフの時は、絵を観に行ったり、映画を観たりすることが多いですね。個人的には、今、エアブラシを使ったアートにすごく惹かれていて、エアブラシで上手く絵が描けるようになるために、絵の教室に通っているんです。早く上手くなって、素敵な作品を作ってみたいですね。すごく楽しみです! スクールでは、週に3日(4時間)、授業を受け持っています。
休日: 海外旅行、海外の文化に興味があるので、異文化コミュニケーション、音楽鑑賞
収入: まぁ、満足しています。暇な時期もあり、収入が落ちることもありますが、そういう時は、練習や研究の時間に当てています。
趣味: 最近カメラを始めました。機材一式買い揃え、息子(2歳)ばかり撮っています。 休日の過ごし方:息子と遊びます。


打ち合わせの時間はたっぷりと。最初の数回の打ち合わせがつくるサイトの方向性を考える重要なカギに。


クライアント(お客さん)からヒヤリングしたことをラフ画として描き出しながら話をすすめます。


「こんな雰囲気ですか?」写真を見せながらサイトのイメージを固めていきます。


いざパソコンの前に座って制作に入ると、あとは黙々とクリエイティブ作業です。

 

天職人データ

10:00
出社
今日も一日張り切っていこう!
 
11:00
打合
クライアントと打ち合わせ。新しいお仕事を頂きました。
 
12:00
昼食
会社に戻って昼食。
 
13:00
打合
早速社外スタッフを招集。
 
14:00
後輩の指導
頑張っているかな? 後輩を育てていくのも大切な仕事です。
 
15:00
ラフ制作
紙に書き起こしながら ラフのイメージつくり
 
18:00
帰宅
今日はお疲れ様!締め切りが近づくと帰れないから、帰れるうちに帰って子供と遊ぼう!!

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。