天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

美容業界>エステティシャン>

エステティシャン

松村留衣さん1959年生
ショクギョウ:エステティシャン/マダム留衣(サロン経営)
「本当の美」を追求して

時代の流れを読み、松村さんが選んだ職業は、女性の“美”を追求するエステティシャン。
美しくなることで自信がつく、美しくなることでヤル気が起こる、美しくなることで活力が湧く・・・女性にとって“美”は永遠のテーマであり、憧れでもあります。「美しさ」の基準は人それぞれかもしれませんが、松村さんが考える「本当の美しさ」とは?



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>きっかけ
時代を見据えた転職。
私の場合、年代ごとに、その時代の流れに応じた職業に就いていましたね。バブル全盛期はOLで、とにかく貯金を考えていました。そうです。次につなげるための事業資金を作るためです。20年前、その資金を元手に、ちょうどその頃、話題になりつつあった、フィットネス業界に目をつけインストラクターの派遣事業を立ち上げました。そこで登録している女性を見ているうちに、「これからは女性の活躍の場が増えてくるはず」、「積極的に表舞台に出ようとする女性が増えてくるはず」、そう感じるようになったのです。そんな時代を迎えるにあたって、「世の女性たちにもっともっと外見も内面も美しく輝いてほしい」と思ったのが、エステティシャンを目指すキッカケでしたね。今から約10年前のことです。私も若い頃は基本的にノーメイクで、日焼け止めなんかも塗らずに太陽の下を駆け回っていました。だから、いつの間にか肌がボロボロに痛んでしまって・・・。そういう人って結構多いのですよね。そんな経験からも、これからはきっと「エステ」が必要となると思ったのです。 

>>大切にしていること1
プロから見た、「美しさの法則」とは?
美しさは女性にとってエネルギーになるのです。美しくなると仕事もプライベートも上手くいくはず、そうすれば必然的に、精神的に安定してきますし、経済的にも余裕ができますので、益々元気になります。この『美しさの法則』を知っているかどうかが、自分を磨いていく上での大きなポイントとなるのです。もちろん、いきなりキレイになれるわけではありません。常に美しくありたいと思う心がけとお手入れが大事なのです。 

>>大切にしていること2
“美”への第一歩は、お客さんの心を開くこと
人によって肌の質、普段の手入れの仕方、使っている化粧品などが違うので、一人として同じ施術の方法はありません。マニュアルはないのですよ。その人にとってベストな施術を考えるうえで肝心なのがカウンセリングです。お客さんをリラックスさせて、私のことを信頼してもらうために、いろんな話をしますよ。もちろん極めてプライベートなことも(笑)。その会話の中から、どのような施術をするかプランを立てていくのです。もともと人なつっこい性格なので、この仕事に向いているのかもしれませんね。一度心を開いてくれたお客さんは、「もっと自分の話を聞いてほしい」、「もっと自分のことを知ってほしい」と思うようになって、私の所へ通わずにはいられなくなるのでしょうね(笑) 

>>職業について
良いエステティシャンの必須条件
エステティシャンとは女性の外見はもちろんのこと、同時に内面も美しくする仕事なのですね。美しくすることで自分に自信を持たせ、最終的には「元気を与える仕事」なんです。だから、まず自分がいつも明るく元気でいなければなりません。そして次に大事なのは、人が好きであること。たくさんのお客さんと接するので、どんな時でも、「この手の温もりで、美しくしてあげるのだと」願うくらいでないとつとまりません。また、刻々と技術が進歩している業界なので、常に向上心を持って新しい知識や技術を取り入れ続けることも大切。私はいつまでたっても貪欲に美を追求する「美の理解者」でありたいと思っています。 

>>最後に
将来の夢・・・美は若者だけの特権じゃない
今、取り組んでいるのは、高齢者に向けてのケアサービスです。それも美をテーマにしたもの。女性は年齢を重ねるほどに、ぬくもりがほしくなるもの、私の手の温もりで、元気になるキッカケをつかんでもらえたらと、シニアを対象とした「シニアエステ」を立ち上げました。お若い人たちだけではなく、高齢者にも美しくあってほしいんです。特に最近は、足のケア、爪のケアまで範囲は広がっています。きれいにするのは、顔も足も一緒。足は歩くための要ですし、高齢者の方で足のケアを怠っているがために、歩けなくなる方もいらっしゃるんです。海外ではこういうケアをするための職業がきちんとあって、ちょうど看護師とエステティシャンの中間的な仕事をするのです。ちゃんとした職業として成り立っているんですよ。日本ではまだ余り知られていないでしょ。将来、このサービスを日本中に広めていけたら・・・・そう考えています。 

天職人データ
収入: 「充分満足しています」だとか。自分でサロンを開いているので、やればやるだけ収入が得られる。
休日: フィットネスクラブへ通って自身の体のケアに励んだり、将来の目標に向けて、老人介護の勉強会を開いたりと、アクティブな松村さん。勉強会や講習会の講師として全国を飛び回っていることも多いです。
勤務形態: 予約状況による。 急に予約が入ることもあり、不規則な勤務形態。


フェイシャルスクラブで、古くなった角質や細かい汚れを取り除いていきます。


松村さんの厳しい目で選び抜かれた海草パック。これがツルンとむけると、生まれ変わった美肌がでてきます。


サロンはマンションの一室で。とってもアットホーム。

 

天職人データ

4:45
出社
子供の弁当作りや、掃除、洗濯などの家事もしっかりとこなすので、起床は早い。
 
9:00
出勤
家を出発。
 
10:00
開店
サロンオープン。
 
22:00
仕事帰りに訪れるお客さんに対応すれば、帰宅が深夜になることも。

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。