天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

歯科業界>歯科衛生士>

歯科衛生士

五嶋友絵さん
ショクギョウ:歯科衛生士/サトウ歯科 デンタルインプラントセンター大阪
必要なのは技術だけじゃない

周りのみんなと同じように「ただなんとなく」大学へ進学することに疑問を感じていた五嶋さんは、子供の頃の出会いや親類の影響もあって、歯科衛生士への道を志しました。歯科衛生士といえば、ドクターのアシスタントとか、専門的な知識を持った技術職というイメージですが、実は、最も大切なのは「人とのコミュニケーション」だったのです。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>エピソード
大学進学に疑問を感じて
大学って、幅広い分野のことを学ばなければいけないってイメージだったんです。自分の興味のあるなしにかかわらず。もちろん、しっかりとした目的意識を持って勉強する人だっているでしょうし、それなりに楽しいことだってたくさんあるんでしょうけど・・・。でも私の場合は、興味の無い分野の授業に出席しているうちに学校を休みがちになって、結局バイトに明け暮れるだけの毎日になるんじゃないか、と大学に進学することに疑問を感じていました。身近にいる大学生を見てみると、実際にそんな生活を送っている人が多かったですし。それじゃあ、なんのために進学したのかわからない。
大学で広く浅く勉強するよりも、「一つのことを突き詰めて、専門的な知識を身につけたい」。そういう思いがありました。 

>>きっかけ
母の勧めと、運命の出会い
小さい頃は、歯医者というと“痛い”とか“怖い”という印象しかなくて、あまり歯医者には行きたくなかったんです。
でも、どうしても治療に行かなければならなくなった時、怖がる私のために母がいろんな歯医者を探してくれて。そうして行った歯医者で、ある歯科衛生士の方に出会ったんです。不安でいっぱいだった私を優しい笑顔でリラックスさせてくれたおかげで、安心して治療を受けることができました。“歯医者は怖い所”という印象を消し去ってくれた、その時の彼女の笑顔は、今でもハッキリと記憶に残っています。
いとこが歯科衛生士をしていたことや、母から勧められた影響もありますけど、私が歯科衛生士への道を志して専門学校に入学したのは、子供の頃に出会った、あの歯科衛生士さんの笑顔に憧れを抱いていたからでもあるんです。 

>>こんな苦労も
目的があったからこそ・・・充実した専門学校時代
学校での授業は目新しいことばかりで、毎日が新鮮な気分でした。生理、病理学などの医学全般にわたる勉強から、解剖学の実習として亡くなった方の体の解剖を見学する授業などもあって。
それまで知らなかった世界のことをたくさん覚えるのは大変だったけど、憧れの職業に就くためと思えば、まったく苦労とは感じませんでしたね。 

>>大切にしていること
一番の仕事は、患者さんとコミュニケーションをとること
歯科衛生士の仕事といえば、「治療の際のドクターの補助」と思われがちですけど、それだけじゃないんです。
実は、一番の仕事は「患者さんのカウンセリング」。
歯の病気は生活習慣に原因があることが多いので、歯の健康を維持するうえでは、患者さんの日頃の生活を知ることが重要なんです。でも、いきなりプライベートなことって話しづらいじゃないですか。だから、まずは患者さんとの信頼関係を築くことから始めます。
この時に肝心なのが笑顔。子供の頃出会った歯科衛生士さんと同じように、私も普段から笑顔で患者さんと接するように心がけています。私の笑顔で、少しでも患者さんがリラックスすることができたら、そして少しでも私に打ち解けてくれたら、と思って。 

>>やりがい
雑談の繰り返しの中で
何気ない雑談の繰り返しの中から患者さんについて少しずつ理解していき、生活習慣の改善ポイントを見つけていくんです。とはいっても、生活習慣はそう簡単に改善できるものではないので、患者さんとはじっくり時間をかけて向き合うことになりますし、長い付き合いになりますね。その過程で次第にお互いの内面やプライベートがわかってくると、歯科衛生士と患者という枠を超えて、家族や友人のような関係になる場合もあります。ある患者さんからはラブレターを貰ってしまって。その時はちょっと困りましたけれど(笑) 

>>職業について
口の中ですべてがわかる
今までに何百人もの患者さんを担当してきたので、顔や名前が思い出せない患者さんもいます。でも、口の中を見ると、一瞬ですべて思い出すんですよ。どんな性格で、以前にどんな話をしたか。
「口の中ですべてがわかる」。こういうのを職業病っていうんでしょうか?
プライベートでも、人と会話をする時には、ついつい口元を見てしまいますね。それで、この人は歯の磨き方が悪いんじゃないか、とか、歯に病気を抱えているんじゃないか、とか考えてしまって。テレビを見ている時でも、番組の中身よりも出演者の歯のほうが気になってしまうんです。 

>>最後に
喜びを共有できる仕事
患者さんに生活習慣を改めてもらうのは、とても根気がいる作業です。でも逆に、患者さんが生活習慣を改善してくれて、その結果、歯が健康になった時の喜びは大きいんです。
2人3脚で長い道のりを歩んできたわけですから、まるで自分のことのように嬉しくて。
歯科衛生士の仕事は、時に人の生活や考え方を変えてしまわなければいけないので責任重大だけど、患者さんと喜びを共有できる、とてもやりがいのある仕事だと思います。 

天職人データ
勤務形態: 佐藤歯科へは週4日出勤。また、週に1回は大学病院へ勉強のために通っているのだとか。


いつも笑顔で対応。患者さんとのコミュニケーションも楽しいです。


歯に付着した歯石を専門器具でとっていきます。


改装したばかりの医院は明るく開放的な雰囲気。とてもスタイリッシュですよ。


衛生士の七つ道具(?)さまざまな器具を使って治療していきます。

 

天職人データ

8:15
出勤
サトウ歯科に到着。
 
8:30
準備
ミーティングと、掃除や器具の手入れなど診療準備を開始。
 
9:00
診療
予約の多い日は大変です。
 
12:30
昼食
 
13:30
診療
ランチ後でも眠くなっている暇はありません。次から次へと来院される患者さんの対応に追われます。
 
17:00
休憩
ほっと一息。夕方の診療に備えて休憩を。
 
17:30
診療
さあ、ラストスパートです。
 
20:00
診療終了
片付け。今日もよく働きました。

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。