天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

デザイン業界>イラストレーター>

イラストレーター

小川満広さん1971年生
ショクギョウ:イラストレーター/画屋
企業の広告を媒体としたイラストやマンガの制作を主な事業内容とする。
http://www.kakuya.com/
好きだけではダメ!
描いて人の役に立つ それが「仕事」

中学一年の時、アニメを見て衝撃を受けた少年は一途に漫画家を目指しました。世の中そんなに甘くないと、一時はその道を諦めたものの、社会での経験は彼に、仕事の意味を教えました。「人の役に立ってこそ仕事」絵を描くことで人に役に立つ職業。そう、彼が選んだ道はイラストレーターという生き方だったのです。



学べる学校一覧 バーチャル体験

>>きっかけ
31歳からのスロースターター
「衝撃で震えたんです。『ルパン3世 カリオストロの城』は、本当に衝撃的でした」と話すのは、イラストレーターの小川さん。中学校1年生のとき、学校の上映会で観たアニメ映画に魅せられたのが、この仕事に就きたいと思ったきっかけなのだとか。「アニメというのは、簡単な絵が動くものだと思っていました。でも、あれは違っていた。まさに絵画が動いていたんです」と、興奮気味に説明してくれる。
幼いころから、絵は得意だったそう。折り込み広告の裏面にせっせとロボットの絵を描き、小学生のときには「すでに遠近法を取り入れていた」というから、その才能の開花も早い。大学では漫画同好会に所属、卒業後は漫画家としての一歩を踏み出そうと、大手の出版社へ自分の作品の持ち込んだそう。でも、ベテラン編集者に自分の甘さを指摘され、仕事の大変さを痛感。一度はその道を諦め営業職についたものの、やはり夢を捨てきれず 31歳のとき、ついに『画屋』を設立。イラストレーターとしての第一歩を踏み出した。 

>>職業について
イラストレーターにしかできないことがある
「イラストレーターの仕事とは」と問いかけると、「イラストのスキルを使って、問題を抱えている人の解決をすること」との返答。例えば広告。いい商品であっても、文章や写真だけでは、その良さが伝わりにくいことや、購買層が定着しないこともしばしば。そうしたときに、「キャラクターを添えることで商品を身近な存在に感じてもらい、購買意欲を高める」のがイラストの役目。工務店のリフォームのチラシなど、文章だけでは堅苦しくなることも、イラストが加わることで柔らかくなり、よりメッセージ性が強くなる。実際に、工務店の社長やコーディネーターなどをキャラクター化して、「幸せ工務店」という名のニュースレターを発行して好評だという。 

>>やりがい
「仕事」とは、「クライアントの役に立つ」こと
「クライアントの売上増につながって初めて、達成感を覚えます」と、小川さんは表情を引き締めて話す。イラストの完成はゴールではなく、「お客様のお役に少しでもたてた」と感じられる瞬間が、最初の着地点なのだと。「人の役にたたなければ、社会人とはいえない」と、厳しい一言も。イラストに精通していないクライアントも多い。そこで、「いかに自分の持つ知識や技術力、企画力を駆使して、相手のためになる提案ができるのかが重要」。また、「クライアントからの提案であっても、そのイラストが適していないと考えたときには、きちんとそのことを伝える」のだという。それは、プロとしての自負でもあり、責任でもある。言葉の端々から、彼の誠実な人柄と、プロ魂が伝わってくる。 

>>大切にしていること
自分への投資は絶対に必要
「デザイナーでイラストを描く人もいますが、デザイン性の高いイラストを描くとなるとイラストレーターの出番。タッチの幅も広いし、専門的なスキルを磨いていますから」と、小川さん。ただ、高い専門性を求められるからこそ、思い通りに描けないときの苦しみも大きい。「感覚的なものですから、どこをどうすればいいか分からない。だから、納得がいくまでひたすら描き直すしかないんです」。
また、時代がかわれば、必要とされるスキルもかわってくる。だからこそ、今でも興味あるセミナーを見つけては、そこに通う労力と費用をいとわない。そして、イラストレーターの道を志す人に対しては、「専門学校に通って課題をきっちりこなし、基本的なスキルは絶対に身につけてください。場合によっては、大学と専門学校のダブルスクールをすればいい。リスクは高いけれど、それだけの覚悟がないと、逆にこの世界で生きていくことは難しい」と、現実的な言葉を投げかける。 

>>こんなエピソードも
新規の仕事を手に入れるには
取材日の小川さんは、トレードマークのハンチング帽に、きりっとしたスーツ姿といういでたち。「私のクライアントは企業様が多いので、身なりには気をつけています。事務所での作業中はラフなかっこうなので、人にはお見せできませんが」と笑う。企業の新しい仕事は、いわゆる「飛び込み営業」や、企業との名刺交換会で手に入れることがほとんど。ときには、既存のクライアントから紹介を受けての仕事もあるそう。そのときは、「うれしい」という気持ちもある反面、「信頼をなくしては大変」というプレッシャーの方が大きい。「まだまだですから、私は。あこがれの存在に全く追いつけていない。そう思っては奮起する日々です」と、謙虚な姿勢が印象に残る。 

>>最後に
「好き」という気持ちは必須だけれど、楽な世界ではない
常に、5、6の案件を抱えていて、同時並行で進める毎日。毎月決まったサイクルがあるわけではなく、生活もかなり不規則。それでも、「毎日、仕事とは関係ない趣味のイラストも描いています」というのだから、よほど絵が好きなのだということが分かる。「私のように衝撃を受けた経験があるなら、イラストの道に進むといいと思います」と言い、「でも、甘くないですよ。決して甘くない」と語気を強める。仕事は遊びではないのだから、自己満足に終わってはいけない。必要なのは、確かなスキルと、「相手のために」という発想。また、「デジタル化が進んでツールが充実してきても、描くのはあくまでも人間。機械は人間を超えられませんから」と、自分をしっかり持つことの重要性も語る。「中学校1年生のときに受けた衝撃」という原点を中心に、「役に立ちたい」という軸をしっかりと据えて、イラストの道を突き進む彼。プロとしての責任感と充実感とがひしひしと伝わってきた。 

天職人データ
収入: 売上ベースでいうと、同世代サラリーマンの平均年収の少し上。ただし、腕さえ磨けば、プロ野球選手並みの年収の人も。


パソコンと連動したタブレットというシートに専用のペンで描いていくと、それがパソコンの画面に反映されます。


営業にはパリッとスーツ。クリエイターのオシャレ要素を取り入れたハンチング帽も、彼のトレードマークとしてすっかり定着。


小川さんの作品のひとつ。雑誌の挿絵などにも。


独自のタッチやイラストのテイストをもつことも大事です。

 

天職人データ

3:00
朝一番に納品の テレビ局関係の仕事があるため この時間に起床、作業開始!パン屋さん並の早起き?
 
9:00
締め切り寸前に完成 間に合った〜
 
10:00
別件の制作を開始。並行して、新人アシスタントに指導
 
14:00
パンをかじりながら作業続行。
 
20:00
おにぎりをかじりながら引き続き作業
 
23:00
気を失ったように就寝 ZZZZZ

学べる学校一覧 バーチャル体験
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。