天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ゲームクリエーター(TV・放送・通信業界)

ゲームクリエーター(TV・放送・通信業界)
■業務内容 ゲーム制作は、数十人から100人規模の共同作業で企画から制作実務全般の進行管理にあたるディレクター、プログラムを作るプログラマー、ビジュアル面のデザインを担当するCGデザイナー、音楽と音響を担当するサウンドクリエーター、予算と販売を管理するプロデューサーなどの職種があります。開発期間も1〜2年と長く、その間、創造への情熱を持続させられる強い意志が必要になります。近年はゲームだけでなくアニメーションでもコンピューター化が進み、CGによる制作が主流になりつつあります。現在、コンテンツ産業の中核を担う重要産業となったアニメーションやゲーム業界は、次々と優秀なゲームデザイナー・ゲームクリエイターが日本からも輩出されおり、優秀なゲームクリエイターへのニーズは年々高まっています。日本のゲーム産業は海外でも評価が高く、最近では家庭用ゲーム機だけでなく携帯電話やパソコン、オンラインゲームなどゲーム市場も広く、今後も需要は高いといわれています。
■働く場所 ゲームソフト制作会社、ゲームメーカー、ゲーム制作会社、ソフトウエア開発企業
■勤務体系 複数でチームを組んで制作し、それぞれの専門分野を生かした分担作業で進めます。
雇用形態も、正社員、契約社員、アルバイトなど様々です。
追い込み時期には、休暇どころか、何日も会社に泊まり込みになることも。ひと段落つけば、勤務時間はかなり自由。制作現場はフレックスタイム制を取り入れている会社が多いようです。
■収入について 就業先により異なりますが、制作会社勤務の正社員で300万程度。作品ごとの歩合制などもあり、様々です。成長産業の専門職だけに、一般の事務系サラリーマンより高収入を得ているといえますが、勤務時間の長さを考えると、優遇されているともいえません。また、仕事熱心な人ほど、常に新しいゲームの企画のヒントを探しているから、そのための自己投資も欠かせません。仕事に追われながらも、時間とお金と情熱を自分の夢のためにつぎ込める人だけが成功する実力勝負の世界だといえるでしょう。
■プロへの道 未経験から、ゲームクリエイターになる事は難しいとされているため、専門学校のプロ養成コースやコンピュータ関連のスクールなどで学ぶことが、比較的に近道でゲームクリエイターになる方法だといわれています。ゲームクリエイターは、コンピュータの知識のみならず、キャラクターのデザインや、企画の立案の仕方など、基礎から学ぶことが重要であり、そういった部分に関しても、スクールでは充実したカリキュラムが組まれています。
経験を積むことにより、システムエンジニアやネットワークエンジニアなど、活躍の場を広げることも可能です。
あれば有利な資格
  • CGクリエイター検定
  • C言語プログラミング能力検定
  • DTPエキスパート
  • DTP検定
  • ILLUSTRATOR(R)クリエーター能力認定試験
  • マルチメディア検定
  • 画像処理検定
  • 色彩検定

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。