天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

医療業界 > 視能訓練士 >

視能訓練士

視能訓練士
■業務内容 視能訓練士は、眼科医師の指示を受けて視力を測ったり、視野や眼底の写真撮影をしたり、色覚、眼圧、屈折などの眼科一般検査や、小児の弱視や斜視の検査を行い、その検査の結果に基づき、回復に必要なプログラム作成と訓練を行うのが仕事内容です。医師以外は視能訓練士しか行えない検査を担当したり、患者さんへの細かな心づかいでスムーズな治療・回復を支える眼科医の重要なサポーターといえます。高齢化や成人病の増加、事故、公害による視力障害も増えているため、医療機関をはじめ老人・障害者施設など幅広い分野でニーズが広がっています。視能訓練士の90%が女性であるということも特色のひとつです。
■働く場所 医療研究機関、眼科医院、診療所、総合病院
■勤務体系 8:30〜17:30前後、施設・病院によりことなる。
■収入について 初任給は18万〜24万程度
■プロへの道 視能訓練士になるには、視能訓練士の国家資格が必要です。受験資格を得るには視能訓練士養成課程のある大学や視能訓練士養成校(3年以上)で必要な知識や技能を修得するか、大学や短大、看護師や保育士の養成校などで指定科目を履修した後、視能訓練士養成校(1年以上)で必要な知識や技能を修得する方法があります。
必要な資格
  • 【国】視能訓練士
あれば有利な資格
  • 視覚障害者ガイドヘルパー

学べる学校一覧 活躍する天職人 バーチャル体験 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。