天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

脚本家

脚本家
■業務内容 脚本は日本ではシナリオ、海外では映画の場合、スクリーンプレイと呼称されます。脚本は映画の青写真、設計図です。プロデューサーや監督と相談しながら、脚本を何度も書き直し、練り上げていきます。最終的な脚本を「最終稿」「決定稿」と呼び、さらに「撮影台本」となります。
■働く場所 映画・映像制作現場
■勤務体系 調査中
■収入について 日本では50万〜1,000万/本。作品の規模により異なります。
■プロへの道 日本では映画の脚本だけで生活している脚本家(シナリオライター)はかなり少ないようです。映画の脚本家の実態は映像系のシナリオライターであることがほとんどなので、映画の脚本家を目指す場合、映像系のシナリオライターになるのが一番の近道といえそうです。また、脚本家・シナリオライターになるには、専門学校・養成所にいく、もしくはコンテストに応募するなど、大きく2つの道がありますが、業界とのつながりなどを考えると、教育機関で勉強するほうが専門的な技術や知識が学べるでしょう。

学べる学校一覧 活躍する天職人 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。