天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

ユニットダンサー(タップ)

■業務内容 ユニット (unit) は、単位・集団の意味。音楽ユニットなど、複数名のメンバーによって作品を作ります。ソロとは違い、ユニットならではの振り付けや、ステップの組み合わせなど、華やかでダイナミックな表現が魅力です。ダンサー各自の個性も引き出し、また、個性を抑えてユニットならではの集団としてのエンターテイメント性もアピールできます。それだけに各々の責任感や技術も不可欠です。ユニットで拍手を浴びるときの想いは、ソロとは又違い、格別なものがあるでしょう。自己管理も含め、たゆまぬ努力が、ダンサーの真髄ともいえます。
■働く場所 イベント会場、コンサートホール、テーマパーク、リハーサルスタジオ、演劇ホール
■勤務体系 勤務という考え方ではなく作品が完成するまでが仕事と言われます。自分たちの納得がいくまでリハーサル・レッスンを積み重ね、人に感動を伝える職業といえます。 各々のスケジュール調整も大切です。
■収入について 契約内容によって異なります。プロダクションや劇団に所属し、生活費の全てを所属事務所が支払い更に、給与をもらうケースもあれば、ひとつの仕事に対して報酬が支払われるもの、月々の報酬が決まっている場合などがあります。
■プロへの道 基本ステップだけでも、ちゃんと音が出るようになるには、かなりの練習が必要となりますので、ダンススクール等、専門学校で学ぶ方が良いでしょう。基本や、正しいステップを習得しておくことは、必須です。また、表情や表現力も不可欠です。感性を磨くことも大切です。ユニットは個々の集まりなので、ある程度の技術や表現力が備わっている必要があるでしょう。ダンサーである前に、一人の人間としての責任感があることは基本です。

学べる学校一覧 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。