天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

プロデューサー

プロデューサー
■業務内容 映画プロデューサーとは、映画制作の全責任者。映画作品を企画、立案し、「商品」の形にしていく総合責任者を指します。他にも、ロケ地の候補地選定、出資者の確保 、脚本家や映画監督、その他のスタッフ選び、キャスト選び、準備から撮影、仕上げ、興行までの全ての工程の管理、資金の流れなどを管理します。 日本映画においては、出資者(もしくは出資会社の代表者等)に対して、この肩書きを与える事が多いです。
■働く場所 映画・映像制作現場
■勤務体系 会社の場合、基本は8時間/日だが不規則。徹夜もあり。
■収入について 50万〜5,000万/本。作品の規模により異なります。
■プロへの道 プロデューサーの場合は、さまざまな現場を知ることが基本です。映画が企画される現場、撮影される現場、編集され音が入れられる現場、完成した映画が宣伝配給される現場での経験を、プロデューサーの助手として積むことが何よりも重要。制作助手としてプロダクションに入ったり、プロデューサーに雇われたりして、現場の経験を積みながら、プロデューサーへの道を進むのが一般的です。

学べる学校一覧 活躍する天職人 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。