天職みつけ隊 職業体験ネット 将来の職業選びをサポート
  • TOPページへ戻る
  • 世の中の職業を調べる
  • バーチャル体験
  • 活躍する天職人
  • 仕事進路相談
  • 人気職業ランキング

バックダンサー

バックダンサー
■業務内容 アーティストのバックで踊り、ステージを盛り上げるダンサーです。アーティストのコンサート、プロモーションビデオ、CM、映画、イベントなど様々な活動の場があります。クラシック、ジャズ、ラテン、タップ、日舞、など多種のジャンルがあり、アーティストのキャラクターや楽曲、イベントの演出に併せたダンスが求められます。最近は音楽の流行に伴ってストリート系のダンサーのニーズも高まっています。
■働く場所 イベント会場、コンサートホール、テーマパーク、リハーサルスタジオ、演劇ホール
■勤務体系 プロダクションに所属、またはフリーダンサーとして活動しますが、いずれにしても勤務という考え方ではなく、ステージが無事に終了するまでが仕事と言われます。自分たちの納得がいくまでリハーサル・レッスンを積み重ね、人に感動を伝える職業といえます。
■収入について プロになってからの収入はその人の実力や活躍の度合い、人気などによります。契約内容によっても収入が決まります。例として言えば、生活費の全てを所属事務所が支払い更に、給与をもらうケースや一つひとつの仕事に対して報酬が支払われるものや月々の報酬が決まっている場合などがあります。プロダクションや劇団との契約をする上で重要なことは、所属をする人がお金を支払うことは一切ありません。
■プロへの道 オーディションがほとんど。また、専門学校、スクールのインストラクターや振付師からのスカウトで、ダンスチームに補充されたり、担当しているアーティストのコンサートにピックアップされることもある。そこからさらにピックアップされて、今度はアーティストとして羽ばたいていくことも。日々の練習を怠ることなく、厳しい自己管理を行わなうこと、人々を楽しませたいというエンターテイメント精神も大切。クラシック、ジャズ、ラテン、タップ、ヒップホップと多種のジャンルがカバーでき、アーティストのキャラクターや演出に合わせたダンスが求められます。また、ダンススタジオやスポーツジムのインストラクターとなる道や、ダンススタジオの経営者となる道もあります。
必要な資格
  • 特にありません

学べる学校一覧 活躍する天職人 関連職業 マイページにブックマーク
 
  HOME    お問合せ     プライバシーポリシー/利用規約
このサイトはInternet Explorer 6.0以上推奨です。