職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2017年11月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スイカ
 梅雨があけました。


毎年、食べて暑い夏を乗り切ろうと
ついつい食べ過ぎてしまう
『天職見つけ丸』です。

外はガンガンの太陽、
皆さん、しっかりと水分補給はしていますか?

ボクは毎日スイカを食べてます。

このスイカ、
原産は、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯で、
日本には、室町時代に伝わったといわれています。

西瓜の漢字は中国北京語の西瓜に由来、、
中国の西方、中央アジアから伝来した瓜ということで
この名前ついたそうです。

このスイカ、身体にもなかなか良くて、
栄養素的には、緑黄色野菜によく含まれている栄養素で、
カロテノイドの一種、赤色色素の一種で、
動脈硬化や美容に効果がある
リコピンがトマトの1.4倍も含まれています。

また、スイカは90%が水分で、
ミネラルや糖分が含まれており、
スイカに塩をかけて食べると、
スポーツドリンクのような効果を
期待することもできるます。
さらに、果肉や種子に含まれるカリウムは
疲労回復ならびに利尿作用があるため、
暑さで体力を消耗して、
水分を過剰摂取することで起こりがちな
夏バテに効果があります。

この夏にはぴったりのスイカ
ダイエットの補助食にも良いそうですが、食べすぎは禁物
ボクのようなスイカ体型には、ならないようにしてくださいね。

夏痩せしない『天職見つけ丸』でした。

果物を使うお菓子の仕事はコチラ
↓
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0026/gm0115/?tg=10
夏のダンス
 夏だ! 海だ! 山だ!
いやいやTDSだ、USJだ。ノーノー、「にっぽんの夏だ」。 

「にっぽんの夏」といえば、蚊取り線香ではなく、「夏祭り」に「花火大会」でしょう。やっぱり。 

有名どころでは、7月14日から宵々山が始まっている京都の祇園祭に、九州博多の祇園山笠。24日、25日には大阪の天神祭が控えます。 

なんでや?という格好で優雅を装って山鉾を曳くバイトの学生さんも大変かもしれないけど、「コンチキチン」とお囃子が聞こえてくると、心うきうきですね。 

勇壮な山車や太鼓台に神輿、神さまと人が渾然一体となって、邪気を祓う「夏祭り」は日本人の心を興奮で奮い立たせてくれます。夜店でのヨーヨー釣りや金魚すくい、夜空を彩る大輪の花火に、ホントにときめきます。 

それぞれの村や町で行なわれる鎮守さんの夏祭りも、どことなく風情があっていいですね。 

8月に入れば、東北でも青森ねぶた祭(8/2~8/7)、山形花笠まつり(8/5~8/7)、仙台七夕まつり(8/6~8/8)と続いていきます。 

そして夏といえば、“盆踊り”。これから8月にかけて行なわれる岐阜・郡上八幡の「郡上(ぐじょう)おどり」や“踊る阿呆に見る阿呆”で知られる徳島の阿波踊り(8/12~8/15)、越中八尾(やつお)のおわら風の盆(9/1~9/3)と続き、その間、八尾(やお)をはじめ大阪の河内や泉州一帯では河内音頭や泉州音頭、江州音頭の盆踊りが繰り広げられます。

昔は、「夏祭り」や「盆踊り」、「花火大会」の場が、デートの場、出会いの場でした。あまたの恋が芽生え、育まれ、踊り上手が“男前”“女前”としてモテたんでしょうね。

踊りでモテるといえば、今はクラブでしょうね。6月に改正風俗営業法が施行されて、朝まで営業できるようになって、多少はニッポンの少子化現象に歯止めがかかるのでしょうか。 

でもミラーボールの下もいいけど、ボクは夏の夜空を見上げながら、浴衣姿で踊ってみたいなあ。 


ダンスのお仕事はこちら。

エアロビックインストラクター
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb00790/
ショーダンサー
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb01421/
テーマパークダンサー
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb01860/
ミュージカルダンサー
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb02820/
振付師
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04410/

2016年上半期人気職種ランキング
2016.07.08   更新情報
 おはようございます。天職みつけ丸です。
7月に入ってから猛暑日が続いていましたが
今日からお天気は下り坂。少しは涼しく過ごせるといいですね。

さて、今日は上半期人気職種ランキングと更新情報です。

職業体験ネットでは、クリック数の多い職業を集計し
1位~10位の人気職業を毎週火曜日に発表しています。

人気職業ランキング



2016年の人気職種ベスト10はこんな感じでした!

1 コンサート企画
2 予告篇制作
3 精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)
4 ドルフィントレーナー
5 ツアーマネージャー(ライブ・コンサート制作)
6 フローリスト
7 歯科技工士
8 マンガ家
9 イタリアンシェフ 
10 スタイリスト(美容師)

1位のコンサートスタッフは昨年10/27からほぼ1位。
昨年平均3~6位だった予告篇制作も、2位をキープし続け
3位と大きく差をつける結果となりました。

皆さんの興味のある職業は10位以内にありましたか?

なお、8位のマンガ家は、7月更新の知られざる匠でもピックアップ中です。

知られざる匠
http://www.syokutai.jp/sp2/index.html

7位の歯科技工士は「撫子隊員のおしごとブログ」にて
昨年メジャープロフェッショナルにも登場してくれた韓国アイドルグループ
ZPZGのお二人の体験授業レポートが掲載されています。

http://www.syokutai.jp/nadeshiko/blog/entry/466

来週12日更新の話題の職業でも歯科技工士を紹介いたしますので
楽しみにしていて下さいね♪
IoTその2
とる蔵 「おじさん、こんにちは」
おじさん「やぁ、とる蔵くん元気かな?」
 
とる蔵 「元気にやっています。
 
      おじさん、最近よくIoTの言葉をよく見るようになってきたんだけど・・・
 
      IoTって結局どうなるのかな?」
 
おじさん「前回は、どこまで話をしたんだっけ?」
 
とる蔵 「いろんなものがインターネットにつながるという話しだったよ」
 
おじさん「そうか、じゃもう一回復習も兼ねてお話ししようか。」
 
      IoTは、「Internet of Things」の略で日本では
 
      『物のインターネット』って訳されているんだ。
 
      色々なものが、インターネットにつながるという意味なんだけど
 
      覚えているかな?
 
      まず仕組みを話そう!
 
      色々なものにセンサーが付いてそのセンサーから入ったデータが
 
      インターネットを通じてクラウドに蓄積される。
 
      そのデータを加工してフィードバックする。ということなんだ。
 
      よくIoTの例として出てくるのが冷蔵庫なんだ。
 
      冷蔵庫の前面がディスプレイになっていて不足している物
 
      野菜とかお肉とかを表示して
 
      インターネットから発注もできるという話なんだ。
 
      こんな例は、どうかな?
 
      椅子にセンサーをつける。どうかな?」
 
とる蔵 「あまりピンとこないなぁ?」
 
おじさん「そうだよね。
 
      でもこう考えたらどうかな?
 
      椅子を福祉施設で利用したらどうかな? 
 
      お年寄りは一人一人はセンサーの着いたネームプレートを付けている。
 
      誰が座ったか、何分座ったか記録される。
 
      このデータをクラウド上のコンピュータが計測し
 
      結果をフィードバックしてくる。
 
      Aさんというお年寄りは、この椅子が好きでよく座るんだけど
 
      だんだん座る時間が少なくなっている。
 
      数ヶ月調べてみると、少しづつベットにいる時間が多くなっている。
 
      ひょっとしたら、体に不調があるかもしれない?
 
      そういったデータを知らせてくれる。
 
      どうかな?
 
 
      もう一つ例ね。
 
      TESLAというシリコンバレー発の電気自動車。
 
      スポーツカーで、面白いのがコントロールパネルはコンピュータなんだ。
 
      インターネットに接続され情報を会社と共有するだけではなく
 
      車の状態をクラウドで管理する。故障はどうか?
 
      メンテナンスの時期はいるか?メーカー側は逐次管理する。
 
      そして、お客さんに連絡してくる。
 
      それだけではないんだ。
 
      実は、システムはコンピュータなのでバージョンアップして行くんだ。」
 
      WindowsのOSように、バージョンアップしていく。
 
      このことは、実は重要なことを意味していて、IoTの本質はこのことにあるんだ。
 
      サービスが、バージョンアップしていくということなんだ。
 
      先ほど、冷蔵庫の話をしたけど「ふーん」というくらいでったよね。
 
      でも、クラウドが「日常使う食材のデータから
 
      必要なもの、特売のショップから購入して宅配業者が配達してくれたり
 
      偏りがちの食生活について健康状況を管理してくれたりしたらどうだろう?
 
      とる蔵くんの家は、お母さんがみんなの健康を願って、有機栽培のものを使っている。
 
      だから、近くで有機栽培の野菜を新鮮で安いものを注文して届けてくれる。
 
      どうかなぁ?
 
 
      そうなるとみんなはサービスを買うことになるんだ。
 
      このサービスは良いから、これにしよう!ってね。
 
      そうすると、毎月利用料を払うことになる。
 
      今は、冷蔵庫を買わけだけどそのサービスに入ると冷蔵庫が付いてくる?
 
      ということが起きるかもしれないんだ。
 
      多くの商品が、買い切りから月々へ支払いになっていくことになる。
 
      そして、重要なのは冷蔵庫ではなくサービスということなんだ。
 
      これは社会構造が大きく変わることを意味しているんだ。
 
      ドイツは、これを国家戦略として捉え「インダストリー4.0」と言っているんだ。
 
      重要なのは、これらの情報を誰が握り管理するかになるということになるんだよ。
 
 
      どうかな? 少し難しかったかな?」   ・・・続く
「安全」第一2
こんにちは。
今年も梅雨の季節がやってきました。

湿気でボサボサヘアの天職みつけ太郎です。。

ちょうど昨年の今頃に、道路交通法の改正について
ブログを書きました
(その時の記事はこちら)

主に自転車に関しての話でしたが、今日もその自転車に関わるお話です。

自転車の関係する人身事故が全国で最も多い大阪府が、
利用者に自転車損害賠償保険の加入を義務づける条例案を、
今年の2月府議会に提出し、7月1日に大阪府自転車条例の施行が決まりました。

同様の条例は、全国で初めて兵庫県で昨年10月から施行されています。

自転車条例の概要は↓

(1)自転車保険の加入義務化
(2)交通安全教育の充実
(3)自転車の安全利用
(4)交通ルール・マナーの向上

自転車通学している高校生の方も多いと思います。

「安全第一」は、言うまでもありませんが
雨の日などは気をつけていても、危険な場面に出くわす事が
あると思います。

大阪にお住いの皆さんは、もうすぐ自転車条例が施行されますので
自転車に乗る方で、まだ保険に入っていない方は、
ご家族と相談して、しっかり保険に入って安全運転で自転車に乗って下さいね。

↓詳しくはこちら
(大阪府/大阪府自転車条例)
http://www.pref.osaka.lg.jp/dorokankyo/osakajitensha/
<<  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9  >>
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.