職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2017年11月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
介護福祉士の未来は
2015.02.20   資格のお話

最近、ニュースで「介護福祉士」や「外国人技能実習制度」って言葉、よく耳にするよね。 

10年後の2025年、若い皆さんなら、お爺ちゃん世代にあたるのかな? “団塊の世代”っていわれる60代後半の人たちが、ドッと75歳以上の後期高齢者に入るんだ。それで、その時までに、介護施設などで働く人たちを約100万人も増やさなければいけないんだ。「医療・介護」はアベノミクスの成長戦略だし、どのように人を集めていくのかって、国はいろいろと制度をいじって、それがニュースになっているようだね。 

国は2008年に、インドネシアやフィリピンから外国の人に来てもらって、介護施設で働いてもらおうと、外国人介護福祉士制度を作ったよね。だけれど、これがうまくいっていない。当たり前のことだけど、外国人が日本語で、しかも日本人だって難しい国家試験を受けるんだもの、そりゃ厳しいよ。だから合格率も4割程度で、現状のままでは制度として失敗かな。

それで、もっと簡単に外国人を呼べるようにって、ハードルを下げたのかな。今度は「外国人技能実習制度」の枠を広げることにしたんだ。発展途上国の若者たちに日本の技能を学んでもらって国に帰って生かしてもらうという理想を掲げる制度だけど、今は人手不足の解消に使われて、彼らがいないと建設業とか農家の仕事が成り立たないところまで来ているんだって。 

「外国人技能実習制度」が話題になっているのは、この制度を介護の分野にも適応し、さらに滞在期限も今の最長3年から5年にするって、有識者懇談会がまとめたからなんだ。確かに少子高齢化だし、外国から人を入れないと国が成り立たなくなるのかも知れないけど、その前にきつい介護現場で働こうという人たちの崇高な精神をもっと汲み取って、待遇をドンドンよくしなければいけないよね。 

一応、国はこの春から介護職員の給料を上げることにしたけど、もっともっとよくすれば、日本にはフリーターだって一杯いるし、人に喜んでもらえる介護の仕事に就きたいって人ももっともっと増えてくると思うんだけど。 

そうそう、「介護福祉士」はねっ、医師や弁護士と同じく、れっきとした国家資格なのだけど、一発勝負の国家試験を受けなくてもなれる方法があるんだ。小中高の教員資格(免許)や図書館司書の資格などと同じく、介護福祉の学科がある専門学校や大学で専門の教育課程を受ければ、資格がもらえる数少ない国の資格だよ。もちろん、介護施設などで3年以上働いたうえ、国家試験に合格して資格を取る道などもあるけど、近々、この資格授与の道を一本化して、全員、国家試験に合格しないと資格はあげないよ、ってなる予定だったんだ。それを今回、厚生労働省が専門学校などで学ぶ人も試験を受けなければダメですよという形への変更を先延ばしし、予定より6年先の2022年から完全に実施するってことにしたので、また話題になっているんだ。 

「介護福祉士」の国家試験合格率は6割程度だといわれているので結構、難関だよね。それを専門学校で学べば資格がもらえるんだから、俄然、注目されているんだそうだ。介護福祉系の専門学校などには、受験に失敗した高校生や、就職が決まらない大学生、転職を考えている社会人などが連日、今のうちに入学できないか、相談に訪れているんだって。 

それに、昨年から厚生労働省が「職業実践専門課程」に認定された専門学校の介護福祉学科などで学ぶ人に、学費の60%、最高48万円までを毎年、支給する「教育給付金制度」を作ったんだ。そのほか、卒業後5年間、介護施設で働くと返済の義務がなくなる学費や入学準備金の奨学金制度もあるんだ。そうした手厚いサポートが受験生の心強い後押しになっているようだよ。 

確かに今は介護業界が職場として敬遠されているようだね。でも、政府は今年度から、介護職員の待遇を良くしていくそうだし、人材の需要と供給のバランスから言っても、将来は、きっと待遇もよくなるよ。なんたって、多くの人に喜ばれる素晴らしい職業だもん。とくに国家資格者としての「介護福祉士」は、その頃には憧れの職種になっているかも知れないよね。 

介護のお仕事、介護福祉士はこちら
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0030/gm0068/?tg=3

歯を作るプロフェッショナル
2013.10.18   資格のお話
 先週末は、体育の日も加わった三連休 
近所の神社では、お神輿も出ての秋祭りがありました。 

お祭では屋台もたくさん出ていて、先ずは前菜としてフランクフルト 
メインディシュは広島焼きでお腹を満たし、デザートはリンゴ飴 

上に溜まった飴を奥歯で噛んだとき 
ガリっといつもとは違う音

リンゴ飴で奥歯が欠けた『天職見つけ丸』です。 

さっそくお母さんが、近所の歯医者さん予約を入れてくれました。 
最近できた美容院みたいな歯医者さんです。 

大きな口を開けて、下あご右側の奥から数えて2番目の歯を治療開始、 
表面からでは見えない中がむし歯だったようで
奥歯の大修繕工事です。 

削り終えて、いつもの様に歯の型採りをするのかなぁと思っていたら、 
何やら先が細くなっているカメラで口の中を写し始めました。 
初めての体験なので、撮影中にもかかわらず大きな口を開けながら
先生に「ゴレ何でズか?」と聞いちゃいました。 

これは、光学印象と言って
口の中を3次元でデジタルスキャニングする機械で 
ネバネバの型取り材料を使って、 
石こうの歯型を元に歯を作っていたのに代わって 
コンピューターで歯を作るための準備をしているとのこと…スゲェ 

◆デジタルで歯を作る http://www.youtube.com/watch?v=YxWHq22VCgs 

得られた、口の中の3次元デジタルデータは、 
インターネットを通して、歯を作るプロフェッショナルである 
歯科技工士さんの元に送られ、専門的な知識や技術を駆使して 
患者さん、ひとり一人に合った歯がデザインされ 
人工の歯ができるそうです。 

◆歯を作るプロフェッショナル歯科技工士のお仕事 
http://www.syokutai.jp/job/ob/jb04140/ 

今後、歯科医療ではデジタル化が進んでくるだろうということでした。 

おそるべし、科学の進歩!! 

「歯は健康の窓口」の言葉どおり、 
超高齢社会に突入する日本で、入れ歯の需要はますます増えるそうです。 

食いしん坊のボクにとって、食べられないことほど 
辛いことはありません。 

とは言え… 
入れてもらった仮歯を気にしながら、 
大好物の浅草せんべいをほおばっている「天職見つけ丸」でした。 
眠ったままの資格
2013.08.02   資格のお話
資格とる蔵でやんす。

今のままだと、日本の生産年齢人口は2050年までに3000万人減るんだって。外国人労働力の受入れもやむなしかと友達が言っていたけど、なぜか最近は女性労働力の活用がキーだっていう意見が目立ってきたよね。

なのに、介護福祉士の国家資格を持っていながら仕事についていない人が女性を中心に約20万人もいるんだって。保育士さんで約60万人、看護師さんにいたっては約70万人だそうだ。

介護や保育、医療関連サービスでは人手不足でヒーヒー行っているっていうのに、一体、何がどうなっているんだろうね。いずれにしても過去数十年にわたって、妊娠や出産、育児を機に女性の6割が仕事を辞めている状況は変わっていないらしい。結局、家事や子供を抱えて勤務体系や労働条件が合わないので、復職していないってことだね。日本の将来は大丈夫かな。ホント、もったいないよ。

で、安倍政権じゃ、女性の労働力活用が成長戦略の重要な柱だと位置付けて、25歳~44歳の女性の就業率を2020年に73%にして今よりも約5ポイント引き上げようっていうんだ。

そうなってくると、もっと子供が大きくなるまで育児休業を取れるだとか、短時間勤務もOKだとか、保育所の整備なんかも含めて働きやすいように労働環境や労働条件の改善が行われるってことだよね。

警察官や自衛官に海上保安官、ガードマンやトラック運転手にタクシードライバー、ブルドーザー運転手等々、これまで危険が伴ったり、男性の仕事と思われた分野にも結構、女性が進出してきているよね。女性の経営層、管理職を増やす動きもようやく出てきたようだし…。

確かに女性に向いている仕事だとか、男性に向いている仕事だとかはあると思うけど、要は性別に関係ないってことだよね。育児はイクメンやイクジイ、ソフリエなども居るし、「出産」だけは男性がやるわけにはいかないでしょうから、「出産・育児」を家庭や企業、社会が協力していかにカバーするかというシステムを築き上げるかってことじゃないの? それができない限り、少子化からの脱却や快適なワークライフバランス(仕事と生活の調和)社会はないんじゃないかなあ。

それはともかく、健気(けなげ)に頑張っている女性もいいけど、バリバリタイプの強い女性ってなんか頼りになりそうで、いいなあ。念願の保育士資格を早く取って、婿(ムコ)入り道具として持っていこ-っと。

働くママ。
2011.10.17   資格のお話

こんにちは!

相変わらず大好物のトムヤンクンや

タイヌードルがやめられない


トライ・アングルです!!



さてさて、本日私は、超たくましく働く

ママさん歯科技工士に会ってきましたよ!


歯科技工士さんというのは

入れ歯など人工的な歯を作る仕事をしている人達。


人の歯は、それぞれ指紋のように形が違うから

全てがハンドメイドで


その技術を学ぶには専門学校に入って勉強し

国家試験合格を目指すそう!


歯を作っても良いですよと日本で認められているのは

歯科技工士さんしかいない。。。



ということは

これからの高齢社会に絶対必要じゃん!!!




あ、今日会ったママさん技工士さんは

矯正歯科でお勤めなんだって。


矯正といえば、歯並びを綺麗に整えること。

これもなんだか流行っているそうですよ。。。。



ふむ。

色々資格のことを調べてきたけど


お母さんになっても続けられるし

国家資格だし

これからの需要も増えそうだし



今まで知らなかったけど

歯科関連の仕事についても調べてみようかしら?



とにもかくにも

働くママに感動した トライ・アングルでした!


あはっ( ´艸`)

だって、彼女は20代で3児の母なんですもん~




私も頑張るぞ。





イラストレーターCS5.。。。
2011.08.26   資格のお話
こんにちは。

留学生のトライ・アングルです


突然ですが、私の趣味はカメラです。

撮影した画像を フォトショップやイラストレーターで加工して


ポストカードなんかを作るのも

楽しみのひとつだったりしています



今日たまたまイラストレーターを使っていたら

なんと新しいバージョン 「 CS 」 が出るんですって



まぁ!今使用しているのがCSで十分新しいのに

いつの間にかを飛び越してが登場なんて


Oh!マイガッ  びつくりです。


どんどん新しくなるソフトとマシーン、

それを使いこなそうと思ったら

やっぱり独学じゃ難しいかもです



餅は餅屋。 ちゃんと学校で勉強するのが近道かなっ




デザイン関係のお仕事してる方、

どんな進路を歩んでこられたんでしょうね

これを読んで、メールなんていただけたら嬉しいなぁ。


参考にしちゃいます


CS5の使い心地なんかも、ぜひ教えてくださいねっ



  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.