職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2016年11月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
牡蠣
2016.11.14   更新情報
11月に入り急に冷え込んできました。
風邪が流行り始めました。
うがい、手洗い、皆さんお元気でお過ごしでしょうか?

食欲の秋を満喫した「天職みつけ丸」です。

早いもので、いよいよ年末
一段と寒くなってきます。

冬の食べ物といえば、いろいろ好物はありますが、
ボクのマイブームは、カキ

柿ではなく、そう海の牡蠣です。
巷では、牡蠣の食べ放題なんかも昨年ぐらいから流行ってきました。

グリコーゲンのほか、必須アミノ酸をすべて含むタンパク質やカルシウム、
亜鉛などのミネラル類をはじめ、さまざまな栄養素が多量に含まれる、
そう「海のミルク」と呼ばれる牡蠣です。

食べ方は、揚げ物や鍋物が一般ですが、
一番のオススメは鉄板蒸し、熱した鉄板の上に牡蠣をならべ
上からボールで蓋をして蒸らします。
口が開けば、少し醤油をたらして香り付け、軍手をはめて
レモンを絞っていただきます。
シアワセです。

この牡蠣の歴史は古く、
日本では縄文時代ごろから食べていたとされ、
貝塚から殻が多く発見されています。
また、驚くことに室町時代ごろには養殖も行われるようになり、
大坂では、明治時代まで広島から来るかき船が土佐堀、堂島、道頓堀などで
船上での行商を行い、晩秋の風物詩となっていたそうです。

こんな牡蠣ですが、
産卵期には、精巣と卵巣が非常に増大して、食用にはむかないそうで、
一般的にマガキの場合は、
グリコーゲン含量が増える秋から冬にかけてが旬で、
英名に「R」のつかない月、すなわちMay, June, July, Augustの
5、6、7、8月は産卵期のため食用には適さないとされています。

また牡蠣は、英語でオイスターoyster、
寡黙さの代名詞で、as close as an oysterで
「口が固い」という熟語があるほどです。

さてさて、今年は三桁は食べようと期待に胸を膨らます、
食べているときだけは、オイスターの「天職見つけ丸」でした。



食でみんなを幸せにする仕事はコチラ↓
http://www.syokutai.jp/sr/list/gl/index.html
  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.