職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2016年08月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お盆とリオデジャネイロオリンピック
みなさん、お盆休みはいかがお過ごしでしたか?
夏痩せなんて、夢のまた夢、
昨日は300歩しか歩かなかった『天職みつけ丸』です。

ボクはお盆も関係なく、引きこもり状態、
歩いていない理由は、そうデス。
リオデジャネイロで始まったオリンピックのせいなんです。

4年に一度のオリンピック、

南アメリカ大陸、そしてポルトガル語圏で
オリンピックが開催されるのは初めてで
南半球での開催は、1956年に開催されたメルボルンオリンピックと
2000年に開催されたシドニーオリンピックに続いて、
16年ぶり3度目の開催となりました。

出場国は、大会前のロシアの問題もありましたが、
206のすべての国と地域から、各国のオリンピック委員会により
選ばれた代表選手が少なくとも1名は出場しています。
特に今回は、内戦などによる難民のために初めて「難民選手団」が結成され、
国際情勢を写し出したオリンピックにもなっています。
また、実施競技は、28のスポーツの全41競技、あわせて306種目が
行われています。

さてさて、このオリンピックのテレビ観戦、
ポテチチップスとダイエットコーラがボクの定番ですが、
ブラジルの食べ物といえば、何といってもシュラスコ(シュハスコ)、

そうです。食べ放題☆v(o^0^o)v☆ィェィww☆

ボクも1回だけ、じっちゃんに連れて行ってもらったことがありますが、
鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、荒塩(岩塩)をふって
炭火でじっくり焼く、ブラジルをはじめとする南アメリカの肉料理。

テーブルに緑と赤に塗った木片があって、緑色にしていると
いつまでも、自分が食べたいお肉を持ってきてくれる天国のようなお料理です。

あぁ、よだれが・・・・・。

南米では、お肉をよく食べると言いますが、
ちょっと調べてみました。
独立行政法人 日本貿易振興機構(ジェトロ)の資料によると
世界各国の牛肉消費量(2015 年、単位:千トン)では
ブラジルは、堂々の世界第二位、日本の6.5倍も牛肉を食べてるそうです。

1 米国 11,400
2 ブラジル 7,870
3 EU 7,610
4 中国 7,350
5 アルゼンチン 2,510
6 インド 2,200
7 ロシア 2,047
8 メキシコ 1,765
9 パキスタン 1,661
10 日本 1,210
11 コロンビア 894


話が横道にそれました。
オリンピックもいよいよ後半戦、
日本人の活躍に一喜一憂しながら、最後まで応援したいと思います。

夏休みの宿題???
それは、閉会式の8月21日以降で頑張ります。
でも翌日は早くも登校日か。マズイ(;゜〇゜)

次はいよいよ、東京オリンピック、
応援で一日一万歩あるこうと誓う『天職みつけ丸』でした。


アスリートを技術で支える仕事はコチラ↓
http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0018/gm0025/?tg=2
IoT その3

とる蔵 :「おじさん、こんにちは!」

               「この間のIoTの話だけど、これからはどんな会社が伸びるのかな?」

おじさん:「そうだね、センサー関係の会社やクラウドの会社等色々な関連する会社が」
「あると思うけど、」

     「一番は、その集まってくるデータを分析しサービスに転換する会社になるよね。」

とる蔵 :「それって、前話してくれたBigDataの会社?」

おじさん:「そうだね。BigDataを集めることもそうだけど、そのデータから重要なこと、」

     「お客さんが、欲しがるデータを見つけ出し、そしてそれをサービスにする会社だよね。」

     「前回、冷蔵庫の例を出したけど、とる蔵君の家では、有機栽培の野菜をよく食べるので」

     「この近くで有機栽培の野菜を安く売っているお店を見つけてくれたり、それを届けて」

     「くれる会社は流行ると思うなぁ。」

とる蔵 :「そうするとデータ分析の会社が有望かな?」

おじさん:「そうだね、データ分析はより重要になるし、どこの会社も行うことになるよね。」

     「会社で、データ分析する人を最近では「データサイエンティスト」なんて言ったりしているんだ。」

とる蔵 :「どんな仕事をするの?」

おじさん:「まずは、データを整理して統計的手法を用いて分析することになるんだ。」

とる蔵 :「じゃ数学の統計確率は重要ってことかな?」

おじさん:「そうだよね。これからは統計はより重要になるし、できる人は重視されると思うよ。」

     「あと、AIや人工知能かな?」

とる蔵 :「どうゆうこと?」

おじさん:「とる蔵くんは、アマゾンで何か買ったことあるかな?」

とる蔵 :「うん、あるよ。この間キャンプ用品を買ったよ。」

おじさん:「そうしたら、あとから「こんな商品もあるけど、どうでしょう?」というようにメールが

     「来なかったかな?」

とる蔵 :「来たよ。「この用品を買った人はこんな物も購入いています。」というような内容だったなぁ」

おじさん:「それは、アマゾンが購入者のデータを解析して、そしてすすめてくるんだよ。」

     「これらの分析には、AIや人工知能などが使われているんだ。」

     「これらの技術を持っている会社が成長していくだろうね。」

とる蔵 :「そうか、これからはそうゆう会社が伸びるのか?」

おじさん:「そうだね、この分野はアメリカや中国が盛んだよ。」

とる蔵 :「日本もガンバらければならないなぁ。」

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.