職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2014年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
応募締め切りまで残り1週間です!
2014.10.24   イベント

こんにちは。

先日まで扇風機を使っていたのに、もうコートなしでは動けない天職みつけ太郎です。

ここ数日で、一気に秋らしくなりましたね。
 

さて、本日も「第14回職業体験セミナー」記念事業のご案内です。

夏から募集しておりました「作文・創作コンテスト」の応募締め切りまで

残すところあと1週間となりました。


 

10年後、20年後の自分を想像してみて下さい。

あなたはどのような人生を歩みたいと思いますか?

どんな仕事に就きたいでしょうか??
 

自分の将来や進路について考える良いきっかけになりますので

作文、ポスター、スローガン、ストーリー漫画、川柳(2句以上)、小説など

得意な分野で参加してみて下さい。
 

川柳や作文、昨年からはじまったポスターやスローガンなら

今からでもまだ間に合いますよ~。

応募要項はこちらから

http://www.syokutai.jp/go/contest/index.html

※応募は近畿圏の高校生が対象となります
 

皆様からのご応募、お待ちしております。

なお、昨年の「作文部門」の最優秀賞を掲載させていただきます。

素敵な作品なので、ぜひ読んでみて下さいね

----------------------------

13回職業体験セミナー記念事業
作文の部 最優秀賞


「輝く私になるために」

私は、小さな頃から幼稚園の先生になるのが夢です。
小さな子供と遊んだりするのが好きで、身近にいる子供とよく遊んでいます。

小さな子供は、普段私たちが気にもしない所から小さな発見をしてきて、私たちにそれを教えてくれます。
それがとても可愛いのです。
純粋でまっすぐな子供達は、私たちが忘れている何かを伝えようとしているのかもしれません。

例えば道を歩いていると「あ、赤い花が咲いてるよ。キレイだね」と言ってきます。
普段私たちは道を歩いている時に、道に咲いている華になんて気がつかないでしょう。
多分、花などを見ている余裕もなく、毎日忙しく自分の事だけになってしまっていると思います。

毎日歩く少しの距離でも、小さな子供はたくさんの事を見つけてきます。
私たちが忘れかけている純粋でまっすぐな気持ちはもう一度、思い出さなければならないと思うようになりました。

私は、今のままではただ単に子供と遊んでいるだけで幼稚園の先生で必要な教育にはならないと思います。
なので、大学では、子供達の純粋でまっすぐな部分は大切に伸ばしていき、楽しさや悲しさ、そしてたくさんの感情を教えていけたらいいなと思っています。

私が思う、幼稚園の先生とは、正しい事は正しいと教え、社会の縦の部分を少しずつ教えつつ、常識とマナーや、体を動かす楽しさをしっかり教え、木伏委時は厳しく、楽しい時は、みんなで笑顔いっぱいで楽しんでいける、それが私の思う先生だと思います。

幼稚園の先生になるには、私の思うように楽しい事ばかりではないと思います。
子供の親との関係であったり、子供に対する指導においても難しい部分がたくさ んあると思います。
ですが、私は本当に子供が好きなので、大学でもたくさんの事を学び、自分の理想の先生図を描きながら、がんばりたいと思います。

----------------------------

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.