職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2014年06月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カツコイイイヤホン

おじさん「とる蔵君、かっこいいイヤホンしているね?」

 

とる蔵 「え???、何おじさん?、聞こえなかった」

 

おじさん「いや~、かっこいいイヤホンしているなぁ~!と思ったんだよ。」

 

とる蔵 「おこずかい貯めて買ったんだよ」

 

おじさん「高そうだねぇ?」

 

とる蔵 「ん、1万円くらいかなぁ」

 

おじさん「へぇ~!!」

 

とる蔵 「友達の間で、イヤホンやヘッドホンがはやっているんだ!

      どちらかというと、いい音よりカッコイイのがはやりかなぁ。

      女の子もそうだよ!」

 

おじさん「へぇ~!! 最近ヘッドフォンしているこが多いよね!

      確かに女の子も多いよねぇ」

 

とる蔵 「そうだね、やっぱり電車の中なんかで音楽聞きたいからねぇ。

      バンドやっている友達なんか詳しいよ!」

 

おじさん「ああ、そうだろうね」

 

とる蔵 「おじさんは、どう?」

 

おじさん「会社に行く途中は聞かないねぇ。

      会社の近くは、知り合いによく会うからね。

      気が付かないと失礼になるからねぇ。

      でも若い人は、聞いている人は多いよ。男性も女性もね。

      カッコイイの持ってい人が多いよね!」

 

とる蔵 「やっぱり、①カッコイイ ②音がいい だからね!

      中には、ポタアンを持っているやつなんかいるよ!

      音いいのかなぁ?」

 

おじさん「今のスマートフォンやiPod

      ウォークマンは音楽をデジタルデータで保存していて

      聞くときにデジタルデータからアナログ信号に変換して

      聞かしているからね。

      あの小さい箱の中で、変換して音を増幅しているんだ!

      当然、専用の機械を使った方がもっといい音になるよね」

 

とる蔵 「僕は、低音の利いたのがいいなぁ」

 

おじさん「じゃぁ、ヘッドフォンやイヤホンを選ぶのがいいかもね!」

 

とる蔵 「ポタアンはどうなの?」

 

おじさん「アンプは、音を増幅するものなんだ。

      ヘッドフォンの中にはiPodやウォークマンなどでは

      大きい音が出ないのもあるからね。

      それと、ポタアンと呼ばれるものの中には

      DAC(デジタル・アナログ・コンバーター)と呼ばれる

      回路を持っているものもあって

      iPodなどから音楽データのまま取ってきて

      専用回路でアナログ化して、音を増幅するものあるので

      音が緻密でよくなることになるよね。

      でも結構いいお値段すると思うよ!」

 

とる蔵 「そうか! もう少しこれで聞こう」

 

おじさん「ん、そうだね。

      でも聞きながら歩くのは危ないから十分注意してね!!」

    

夏至

中間試験の結果が全部戻ってきました。

惨敗

 

三者面談を前にドキドキしている「天職みつけ丸」です。

 

みなさん、いかがお過ごしのことでしょうか?

 

梅雨の間の晴れ間から覗く太陽は、もう本格的な夏、

日の入りもずいぶん遅くなってきました。

 

ちなみに今週末の6月21日は「夏至」

 

大阪では、日の出が4時44分、日の入りが19時11分と昼間が14時間27

分もあり、暦の上ではこの夏至を境に本格的な夏が始まるとされています。

 

また、冬至には南瓜を食べるのは有名ですが、夏至には一般的に冬瓜(とうが

ん)が食べられているようです。

冬瓜は、95%が水分、また低カロリーで、カリウム・ビタミンB1・ビタミン

B2・ビタミンCが含まれています。その中でカリウムは利尿作用があるので、

体内の老廃物排出に効果があるほか、むくみの解消や血圧降下にも効果的です。

 

夏バテ防止・熱さまし・利尿効果のある冬瓜を夏至に食べる。

昔の人の知恵に驚かされます。

 

また、夏至の日に食べる食べ物は、その土地によって違います。

 

関西では「タコ」を食べる風習があります。

ちょうど、この時期に行う田植えは、夏至の日から11日目の半夏至が良いと言

われており、稲が地にしっかりと根付くようにと願をかけて、吸盤で吸い付いた

ら離れないタコを食べるようになったと言われています。

また、「タコ」には疲労回復に効果のあるタウリンや亜鉛が豊富に含まれている

ので、夏バテを防止する為の策だったのかも知れせん。

 

これも昔の人の知恵ですね。

 

でも、でもタコといえば「たこめし」

何杯でも食べれます。

 

やっぱり、最後は食べものの話で落ち着く「天職みつけ丸」でした。

 

 

「冬瓜」でも「タコ」でも、回復できない夏バテから守るお薬の仕事はコチラ

 

http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0033/gm0112/?tg=7

今日は何の日?

コンニチワ!トライアングルだヨ☆

 

ジメジメする季節がやってきました・・・

 

2104年の梅雨時期は

エルニーニョ現象で季節の進みがゆっくりで

梅雨入り・梅雨明けともに、全国的に遅めなんだッテ。

 

雨の日は、髪(体毛?!)がボサボサになるし

なにより足元が悪いから履く靴に困まりまス(;O;)

 

とる蔵さんは、いつも足元が濡れてドロドロになっているから

長靴をプレゼントしようかナ(^^)

 

ふとカレンダーを見ると、今日は・・・

ナント!

 

13日の金曜日

 

・・・((+_+))

 

少し前のホラー映画なんだけど

怖い映画好きな人は知っているよネ。

 

ジェイソン・・・(>_<)

 

1980年の公開以来、最も人気のあるホラー映画の一つとなり

2002年までにシリーズ10作品が作られたんダ。

 

2003年には『エルム街の悪夢』シリーズとのクロスオーバー作品

『フレディVSジェイソン』も公開されたヨ。

 

13日の金曜日って映画のタイトルでジェイソンの代名詞って

思う人も多いかもしれないけど、

古くから、この日はこの日は災いを起こす不吉な日として恐れられてきたんダ。

 

もともと、不吉な日の代名詞となった由来は

 

イエス・キリストが最後の晩餐を迎えた日が一番有名だけど

他にもイヴによるアダムへの誘惑や

ノアの箱舟の大洪水が起きた日

バベルの塔の破壊された日

人類最初の殺人ともいうべきアベルがカインに殺害された日など

 

数々の邪悪な出来事の殆どが

この日に起きているという説もあるんだッテ(o)

 

日本では“4”の数字が(し=死)であることから嫌われ

建物に4階や4号室が無いことが珍しくないけど

西洋では同様に“13”の数字を恐れる人が多いから

日本以上に13階が存在しない建物が多いらしいヨ!

 

この“13”は、数秘学においても暦や時計でも使われるな

ど完全な数字とされる“12”の後に来る数字で

素数である“13”は不吉とする考えがあるんだッテ。

 

キリスト教の影響が強い国でも

イタリアで不吉な日は17日の金曜日で

スペイン語圏では13日の火曜日が不吉とされているそうデス。

 

13日の金曜日を不吉とするのは、英語圏と

ドイツ、フランス等に限られていているようでス。

 

でも・・・、フランスでは宝くじの売り上げが急上昇する

幸運な日でもあるらしいヨ!

 

何だかよくワカラナイネ(^_^;)

 

信じるかはあなた次第!

 

日本の漫画、アニメでも金田一少年の事件簿の『悲恋湖伝説殺人事件』では

 

湖畔のキャンプ場を舞台に殺人犯が

映画『13日の金曜日』の殺人鬼ジェイソンの格好をして連続殺人を繰り返す

 

っていう話があったんだっテ。

 

見たことある人も多いかな(^^)

 

これから暑くなってくるし、ホラー映画を見る機会も増えるかな?

昔の映画も良い作品がいっぱいあるよネ!

 

ストーリーや演出、メイク等に注目して

見てみて〜!

 

映画好きな人、たくさんいると思うけど

映画業界の仕事ってすごいたくさん!あるんですヨ!!

 

よかったらこちらも覗いてネ↓

http://www.syokutai.jp/sr/list/gl/index.html

専門実践教育訓練給付金
ほんと、わけが分からない。

今年は「大・労働力不足時代」に入った記念すべき年になるんだって。

ついこの前まで、仕事がないって騒いでいたのに、なんか不思議に思うよね。

少子化の影響などで、日本の労働力人口がピークだった1998年の6793万人から、この15年間で216万人も減っているのが原因なんだって。このままいくと、1960年にはピーク時の半分近くの3795万人まで落ち込むそうだよ。

これまでは景気が低迷していたこともあって、それが表に出なかったのが、アベノミクス効果で景気拡大が続いて雇用情勢が改善、とたんに「大・労働力不足時代」というわけ。

だったら、きのう政府が閣議決定した2014年版「子ども・若者白書」で、15~34歳の若者のうち、仕事も通学も、求職もしていない「ニート」が最高だった去年の発表よりも減ったものの、60万人だったというニュースも気になるよね。

もっといえば、同じ日のニュースでも流れていたけど、昨年1年間に2万7283人の人が自殺して、うち60.3%が無職の人だったという話も気になる…。

それぞれに事情を抱えて大変なんだろうけど、ニートの人や無職のために命を絶つ人がもっと前向きに生きれるような手立てはないのだろうかと考えてしまうよ。外国人労働者を受け入れるは避けられないのかもしれないけど、まずその前に。

そういえば、こういうニートの人や非正規で働く若い人たちが、仕事についたり、さらにキャリアアップするために資格を取るのを教育機関を通して援助しようという新制度が今年からスタートするんだって。

厚労省が実施する「専門実践教育訓練給付金」って言うんだけれど、専門的な技術を身につけたり、資格を取得するために「職業実践専門課程」として文部大臣の認定を受けた専門学校などで学ぶ場合に、年間48万円を上限に原則2年まで、資格につながる場合は最大3年まで、“学費”を出してくれるんだ。

ニートの人や非正規の人はもちろんだけど、将来に夢を抱いている人にも活用して欲しいよね。

詳しくは、近くの専門学校で聞いてね。

※参考ページ
厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/shokugyounouryoku/career_formation/kyouiku/index.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.