職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2014年05月 >>
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
鳥のいるカフェ

動物達と過せるカフェが人気を呼んでいます。

安定した人気を誇る猫カフェは全国で200件以上となり

犬カフェ、ウサギカフェ、リスカフェ、鳥カフェ、爬虫類カフェなど

カフェのバリエーションも増えてきています。

その中でも、特に人気が高まってきているのが鳥を扱うカフェ。

ここ数年でちょっとしたブームとなっています。

 

小鳥カフェの場合、店内はカフェスペースと

ガラスで区切られた小鳥たちのスペース(バードラン)があり

インコ、文鳥、キンカチョウなど

可愛いらしい小鳥達を眺めながらお茶を楽しむことができるほか

お店によっては、小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツメニューや

雑貨の販売などもあります。

 

ただ見ているだけではもの足りない!直接触れ合いたい!

という方にはふくろうカフェがおすすめです。

「鳥スタッフ」であるフクロウやミミズク達を

手や肩に乗せたり、触ったり、

一緒に記念撮影したりすることができます。

(※ふれあいサービスの内容は店舗により異なります)

 

猛禽類は他の動物と違って、怖い、懐かないなんて言われていますが

カフェにいるフクロウ達は雛から育てられ

人間が触っても大丈夫なようにトレーニングされています。

大人しいし、人馴れしているし、とにかく可愛い子達ばかりです。

 

それでも入店したら、一番最初にスタッフさんから説明を受けます。

写真はフラッシュ禁止、フクロウの正しい触り方、手や肩へ乗せる時は

必ずスタッフに声をかけて乗せてもらうなど、安全に触れ合えるよう

またフクロウ達のストレスにならないよう配慮されています。

 

説明を受けたあとは、店内を自由に動きまわれるので

皆さん思い思いにフクロウ達との時間を楽しめます。

 

お客さんの楽しんでいる姿を満足気に見ているスタッフさんがいたので

声をかけてみると

「この子(フクロウ)達の良さを分かってもらえて

好きになってもらえた時が一番嬉しいんです!」

とのこと。

先に紹介した小鳥カフェのオーナーさんも同じで

小さい頃から鳥が大好きで、鳥の良さを知ってもらいたいし

鳥好きな人たちの交流の場になればとカフェをはじめられたそうです。

 

好きな事を仕事にするってやっぱり素敵ですね。

 

動物を扱うカフェをひらくのに必要なのは

食品衛生管理者と動物取扱責任者という2つの資格。

また、飲食店の開業には営業許可証も必要となります。

 

あとは、動物達の健康及び安全の保持や

愛護及び管理に関する法律を学ぶ「愛玩動物飼養管理士」も

持っていたほうがよいでしょう。

衛生面や飼育環境に問題があり

万が一感染症や食中毒の被害が出た場合

お店の営業停止だけでなく

全国のカフェ経営にも影響を及ぼす事態となります。

また、資格をもっていることで

お客さんに信頼感を与えることにも繋がります。

 

その他、オリジナルスイーツを極めるなら製菓衛生士

最近は海外からのお客さんも多いので、日常会話程度の英語も

できたほうが良いみたいです。

 

今後も、動物たちと過ごせるカフェが沢山増えれば良いなと思う

みつけ太郎でした。

 

コンピュータワトソン

とる蔵 「おじさん、何見ているの?」

 

おじさん「IBMの『コンピュータワトソン』のデモ画面だよ」

 

とる蔵 「何それ?」

 

おじさん「2年前に、アメリカのクイズ番組で優勝したコンピュータさ」

 

とる蔵 「え~!コンピュータがしゃべるの?」

 

おじさん「いやそれだけではなく、問題を聞いて最適な答えを答えるのさ。

      質問応答システムWatsonさ」

 

とる蔵 「え~、ほんと? すごいや!」

 

おじさん「このコンピュータは、答えることをしないことも判断するそうだ。

      この回答の信頼度が低いと判断すると『答えない』とかね。

      コンピュータは融通がきかないから+

      融通の利くコンピュータとのことらしいよ」

 

とる蔵 「そういえば、前にチェスの名人を破ったコンピュータがあったね」

 

おじさん「ディープ・ブルーだね。あのプロジェクトの後の

      新しいプロジェクトのようだね。

      ディープ・ブルーは、当時のチェスチャンピオン カスパロフを破ったけど

      ワトソンは、2人の全米クイズチャンピオンを破ったそうだ。

      今回の挑戦は『人間にどれだけ近づけれるか』ということらしいね」

 

とる蔵 「こんな先生がいたら何でも答えてくれるね。

      どんなことに使うのかな?」

 

おじさん「何でも医療の分野で利用するようだよ。

      様々な事例をどんどん取り入れて判断を正確にしようとするようだね」

 

とる蔵 「そのうち学校に置かれるかもしれないね。

      先生も、答えを教えてもらうんじゃないかな?(笑)」

 

おじさん「そうかもしれないねぇ(笑)」

~太陽の塔~

コンニチハ!トライアングルだヨ!

 

この間は、母の日でしたネ~!

 

何かプレゼントをしなくても、

感謝を伝えれるキッカケがある母の日はステキです

 

感謝する気持ちは、いつも持っていたいと

改めて思ったトライちゃんでシタ(^o^)

 

話はガラッと変わるんだけど

皆さん、有名な「太陽の塔」って知ってますよネ?

 

そう!1970年に大阪府吹田市で開催された日本万国博覧会に

あの芸術家、岡本太郎さんが制作した作品です!

 

万博のみならず、高度成長期の日本を代表する巨大モニュメントとして

現在も万博記念公園にあり、夜になると目がピカッと光ります!(^^)!

 

そんな太陽の塔が今、注目を浴びているんですヨ~!

 

ご存知の方も多いと思いますが・・・(?)

なんと、『超合金 太陽の塔のロボ』が発売されるんです

 

バンダイから9月末に販売されるこのロボットは2万円弱で、

現在、予約開始をしています。

 

3段変形するこのロボット、

「塔形態」「ロボ形態」「超兵器発動形態」

となるのですが、公開されている写真を見るとビックリしますヨ!!(o)

 

手足の関節も動くみたいで、飾るだけでなく動かして

遊べるロボット!!

 

ちょっとお高いですが、ロボット好き

太陽の塔ファンの方は必見ですネ!

 

ぜひ、検索してみてみてください~!!

 

そしてロボットに興味がある方、仕事にもできますヨ!

 

この『超合金太陽の塔のロボ』をみて

こんなロボット、もっとすごいロボットをつくりたいと思ったら、

こちらをチェックしてみてくださいネ(*^_^*)

ロボット業界

http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0012/gm0056/?tg=30

 

 

ゴールデンウィーク

みなさん、ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

今年のゴールデンウィークの傾向は、安・近・短だったそうですが

どこに行っても、人の波、波、波

 

みなさんは、どこかに行かれましたか?

 

長い行列を乗り越え、1日がかりで人気のパンケーキを食べてきた

「天職見つけ丸」です。

 

行列に並びながら、じっちゃんは得意のウンチクを語りだします。

なんせ、1日中、横で話を聞いていたので、色々な話が聞けましたが

今日、ご紹介するのは「なぜ、ゴールデンウィークというのか?」

 

漢字に直して「黄金週間」、中国でも時期は違いますが「黄金周」が

あるそうです。

 

じっちゃん曰く、

 

ゴールデンウィークとは、和製英語で、

 

そもそもは、映画会社の大映が松竹とが、競作して1951年(昭和26年)に

同時上映した社会と家庭からの解放を求めて、

五百助というサラリーマンの四十男が、初めて接した別な社会や人間にふれ

真実の生き方を見出してゆく、

獅子文六原作の名作『自由学校』が創業以来大ヒットしたことから

端を発します。

 

映画業界のお仕事はコチラ

 

http://www.syokutai.jp/sr/res/gl/gl0015/gm0061/?tg=26

 

 

過去最高の売上を記録して

当時、大映のお偉いさんだった松山英夫さんという方が

この期間はゴールデンウィークだと言い出した業界用語で

今で言うと「流行語大賞」のようなものだったそうです。

 

これ以降、映画業界で、この時期にたくさんの人に観てもらうために

ゴールデンウィークが頻繁に使われだし、一般にも使用されるように

なったそうです。

 

これに気をよくした、大映は秋の文化の日を中心とした期間を

「シルバーウィーク」と言って宣伝しましたが、

こちらは定着しなかったとのこと。

 

みんな、お年寄りの週間と勘違いしたからでしょうか?

 

また、NHKや一部の民放、新聞などは「ゴールデンウィーク」という言葉が

映画業界用語だったことから、業界の宣伝になる、休めない人もいる

外来語・片仮名語を避けたい、1週間よりも長くなることが多く「ウィーク」は

おかしい、等々の理由で「大型連休」という表現で統一しているそうです。

 

これから、気をつけて、新聞やニュースとか見てみると面白いですね。

 

そして、驚いたことにこの「ゴールデンウィーク」という言葉は

2004年に損害保険ジャパンが商標登録しているそうです。

 

ゴールデンウィークの長い休みが終わると

あとは夏休みまで長い休みはありません。

 

6月には梅雨の日とかあってもいいなぁと

毎年、願っている「天職見つけ丸」でした。

再浮上した「パイロット」
2014.05.02   更新情報

小学1年生が「将来就きたい職業」、親が「就かせたい職業」について、今年も化学メーカーの㈱クラレがアンケート結果を発表しています。

 

男の子は「スポーツ選手」、女の子は「パン・ケーキ・お菓子屋」がそれぞれ16年連続の1位でした。これに対して親の考えはどうかといえば、男の子の親が「公務員」、女の子の親が「看護師」と、手堅い職業がそれぞれ1位になっています。

 

ちなみに2位以下は、男の子は、②警察官③運転士、運転手④TV・アニメキャラクター⑤消防士、女の子では、②芸能人・タレント・歌手③保育士④花屋⑤医師となっています。

女の子の親が1位に選んだ「看護師」は女の子の6位となり、初めて5位の「医師」と入れ替わりました。

また、3年前から男の子の10位圏外になっていた「パイロット」が7位に再浮上し、人気復活です。

 

これからは、グローバル経済や観光の加速で航空需要が伸びると見られており、「パイロット」は確かに期待の職業です。

 

私の同級生にもANAのパイロットがいて国際線で活躍しています。

彼は高校卒業後に航空会社の養成機関で訓練を受けて様々な段階の国家資格を経て国際線のパイロットになりました。

フライトアテンダント(キャビンアテンダント)だった美人の奥様もいるし、同窓会では仕事柄、女性陣にモテモテ。ホント、うらやましい。

でも高嶺の花だった「フライトアテンダント」は今回の調査では、女の子の20位圏外でした。

 

そんな「パイロット」ですが、ヒヤッとすることもあります。

4月28日には、那覇空港に進入中の人気LCC(格安航空会社)ピーチ・アビエーション機が海面に異常接近し、再浮上したあと着陸をやり直すというトラブルがありました。同社の便が5月から“機長不足”のために大量欠航すると発表があった直後の出来事です。

今回もこのことと何らかの関係があるのかな?

 

小学1年生の支持で再浮上した「パイロット」。

この子たちが夢を実現するまで、同級生パイロットには頑張ってもらいたいものです。

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.