職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2012年10月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
「作文・創作コンテスト」締切り迫る!
2012.10.26   イベント
こんにちは。天職みつけ太郎です。

高校生の皆さん。
以前ブログでご紹介いたしました
「作文・創作コンテスト」は応募されましたか?

「作文・創作コンテスト」
http://www.syokutai.jp/go/contest/index.html

【テーマ】

これから10年後、20年後のあなたは
どのように生きているのでしょう
どんな仕事をしているのでしょう

皆さんが30、40歳代になった時、自分らしい本当に生き生きとした人生を
送っているために今、何を考え、何に取り組めばよいのか皆さんの思いを次の
(1)~(2)部門の形で表してみてください。

【応募資格】
近畿地方の高等学校、特別支援学校高等部、高等専門学校(第3学年までに限る)
生徒ならびに専修学校及び各種学校の修業年限が高等学校と一致している生徒

【応募部門】

(1)作文の部
  テーマ1:私の将来
  テーマ2:職業体験ネット 私の活用法
  1200字~1600字
  ※400字詰め原稿用紙4枚
   またはA4用紙タテで横書きに設定し1枚に応募(手書き・PC可)

(2)創作の部 
  (演劇/お笑いの台本・ストーリー漫画・川柳(2句以上)・小説)
  テーマ3:私の将来
  *目安として、審査員が10~60分で表現(読破)可能と判断できるもので、
   400字詰め原稿用紙を使用するかA4用紙タテで縦書きに設定し応募

【応募期間】
平成24年8月1日~同年10月31日(当日消印有効)

【送付先住所】
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-10-15 4F
(問合せ先)TEL 0120-414-687  MAIL go@syokutai.jp

※詳しくは作文・創作コンテスト応募要項ページにてご確認下さい

締切りはまで残すところあとわずかです。
「今からでは間に合わない」って思われてた方。
大丈夫です!
将来についての作文や職業体験ネットの感想文以外に
川柳の募集もしているので、今の気分を吟じてみてはどうでしょうか。

作品はメールでも受け付けているので
go@syokutai.jp宛にお気軽にご応募下さい。

以上、見つけ太郎からのお知らせでした。

☆Trick or treat☆
コンニチワ!
トライアングルだよ~(^○^)

過ごしやすい気候になり、すっかり秋らしく
寒い日も多くなってきましたね~!

でも、どうやら花粉も飛び始めているらしく、鼻がムズムズ
目がカユカユの人にはつらい時期でもあるみたい。

マスク必須だね。今はいろんな対策グッズもあるみたいだし
またどんなのがあるのか調べてみよーっと!

マスク→変装→仮装ってわけじゃないけど…(^_^;)

10月31日はハロウィーン!

最近では、日本でも10月の行事というとハロウィーンが定着してきたのでは?!
街のいたるところにハロウィーンの飾り付けが目につきます♪

日本にも定着してきたとはいえ…

☆お店やお家でのディスプレイ
☆ハロウィーンにちなんだスイーツ!!
☆テーマパーク等でのイベント
☆お友達と集まってパーティ

くらいでしょうか。

欧米等では子供たちはそれぞれお化けの格好をして
近所の家々を歩いてまわりドアをたたき、「Trick or Treat!」
(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ)と言います。

近所の家では子供たちのお菓子を用意して
今年はどんなお化けがやってくるのかと楽しみにしながら待っているんだって。

日本では、あんまりそういう場面を見ないなぁ~。
でも子供だけじゃなく、大人も仮装して楽しむのはいい事だよね(*^_^*)

ちなみに語源はHallow(神聖な)+een(even=evening)
万聖節はAll Hallow'sと言います。

その前日である事からAll Hallow's Eveと呼ばれていたのが
Hallow E'enとなり、短縮されてHalloweenと
呼ばれるようになったそうですヨ。

そういえば、去年行ったアメリカンレストランでは
店員さんが皆、仮装していてビックリ!

スクリームや、13日の金曜日でおなじみのジェイソン
ピエロ、お客さんを驚かせたり楽しませていたヨ。

メニューは普通だったけど(^_^;)

その逆もあるよね。

メニューが、ハロウィーンにちなんだかぼちゃ料理だったり
USJのあるレストランでは、カボチャスープが運ばれてきて
目の前で、「おまじないをかけまーす♪」と
銀色の☆型した粉をかけてくれたり(もちろん食べれます)、
素敵な演出があって、わくわくしちゃいます。

私も、USJに偵察(遊び)に行ったんだけど
USJではホラーナイトが大人気みたい!
夏じゃなくてもホラーが人気なんて(>_<)

他にもすんごいネーミングの料理があったよ!
(~の脳みその何とか~とか。。何とかの餌とか。。
行ってのお楽しみ!見つけてみてね!)

とにかく、人が多すぎてどこに行くのも(もちろんお手洗いも)
長蛇の列!!

こんなに皆がハロウィーンを楽しみにくるんだとビーックリ!

仮装している人がいっぱいいたヨ!
USJではよく見る、フェイスペイントもすんごい人気!

かわいいメイクや怖いメイクをした人がいっぱいで
通常のアトラクションもホラーバージョンに変わったり
いつもとは違うUSJを楽しめました!(^^)!

ここに紹介した以外にも、ハロウィーンならでは!の
お土産やイベント等、盛りだくさんでしたヨ☆

長くなっちゃったけど、ハロウィーンから考えても
プロダクトデザイナーさんが活躍していたり
調理師、パティシエさんが試行錯誤してできたお料理やスィーツがあったり
お菓子のパッケージデザイナーさんが活躍したり
テーマパークでダンサーさんやメイクさん等、たくさんの人が
関わっているんだな~としみじみ感じました!
職業については、職業体験ネットで色々調べてみて下さいね。

私は、怖いの苦手だけど「Trick or treat!」でたくさんの
お菓子をもらっちゃおうと計画しているヨ♪(*^^)v

皆も楽しい&こわーいハロウィーンを満喫しちゃおう!!

たくさん食べすぎて、どんどんみつけ丸のように
まぁる~くなりそうなトライアングルでした!

Trick or treat!
see you!
10月8日は入れ歯の日
自称、記念日博士の天職みつけ丸です。
さて皆さん、1年中を通して色々な記念日がありますが、
10月8日は何の日かご存知ですか?

1→い 0→れ 8→ば ともじって「入れ歯の日」
ちょっとマニアックですね (^O^)


でも、歯ってホント大事ですよね~。

先日、総務省から発表された日本の65歳の高齢者人口は、
何と3074万人、総人口に占める割合は24.1%、
4人に1人がお年寄りで、毎年最高記録を更新しています。
でも、人の寿命は伸びてますが、歯の寿命はなかなか伸びないらしく、
テレビでお馴染みの歯槽膿漏などから、50歳を過ぎる頃から歯は抜け始め
日本人は、寿命と歯の寿命の差に何十年も開きがあるそうです。

そんな、お年寄りたちを助ける正義の味方が、
歯を専門に作るスペシャリスト歯科技工士

http://www.syokutai.jp/job/ob/jb04140/
日本の歯科技工士さんたちの技術は、世界でもトップレベルで、 海外でも高く評価されているそうです。 また、日本での入れ歯作りはとても古く、聖徳太子よりも少し前の飛鳥時代、 仏教伝来でお経と一緒に国内に入ってきた仏像や仏具を作る道具や技術を 応用して作られ始めたというから驚きですね。 木床義歯といって、木で入れ歯を作っていたそうです。 そして今では、材料や技術の進歩で、コンピューターを使って作った ハイテク入れ歯なんかもあるそうです。 そんな、歯科技工士に関するクイズサイトを見つけたので紹介しておきます。 いろんな味の歯磨きがもらえますヨ。 https://secure.sdtc.ac.jp/form/dt_campaign_quiz/index.html これからますます加速する高齢社会で、 入れ歯の需要はもっと増えるのに 歯科技工士の数は全国で3万5千人、全然足りないそうです。 入れ歯や差し歯のおかげでおいしく食べられる。楽しく会話ができる。 天高く馬肥ゆる秋 食欲の秋で、ガッツリ毎日食べ過ぎて、身体の動きが鈍くなった、 チョットぽっちゃり、天職みつけ丸でした (^_^;)
《職能段位》 
見つけ丸です。

やっと朝晩しのぎやすくなってまいりました。ようやく仕事をさがす気分になってきたかなあって思っていたら、昨日の日経ニュースで「人材育成へ『職能段位』 政府、年内にも」って載っていました。

一体なんのこと?!

知っている人もいると思うけど、ボクはわけがわからないので物知りのお兄ちゃんに聞いてみたところ、職業に就いている人が職場でどれだけ仕事をこなせるかによって、国が「段位」を与える制度を始めるんだって。

なんでもイギリスでは約700の職種で、仕事ができる能力によってランクをつけて、それによって給料などを決めているんだ。職業能力評価制度(NVQ)って言うそうだよ。

それをマネして日本でもまず3つの分野でどんな仕事が出来るのかによって、「レベル1」から「レベル7」まで働く人の職業能力を評価しようっていうんだ。「レベル1」は入門クラス。仕事ができるにしたがって「レベル2」「レベル3」・・・と上がって、その業界のプロ中のプロと言われるトップランクの人が「レベル7」なんだ。

この制度を真っ先に取り入れる3分野というのが「介護」と「温暖化対策」「農漁業高度化」なんだ。政府がこれから日本の国を元気にして発展させていかなければならないって決めた分野だよ。職種でいうと、「介護プロフェッショナル」と、温暖化ガス削減など企業の環境対策に取り組む「カーボンマネージャー」、それに農産物や獲った魚の売り方をアドバイスしたりして農林漁業の経営力を高める「食の6次産業化プロデューサー」なんだ。

なんか名刺に書くとやたら長い職種名だよね。

お兄ちゃんの話は難しすぎてよく分からなかったけど、どうやらこの3つの分野で働く人をどんどん呼び込んで増やすための仕掛けらしいよ。段位があると、励みになってキャリアアップしていこうという人が増えるし、将来はその段位によって、待遇も決めて行こうっていうことで作ったみたい。

例えば、「介護プロフェッショナル」の場合、特別養護老人ホームや老健施設、認知症グループホームやホームヘルパーの事業所で介護の仕事をするんだけど、お年寄りをお風呂に入れたり、ごはんを食べるお手伝いをしたりする介護技術や家族の人とのコミュニケーション能力なんかを客観的に評価するんだって。

じゃあ、今ある介護福祉士の国家資格や介護の研修を受けた人たちとの関係ってどうなるのって聞いたら、それはそれで立派な国家資格のまま、今までどおりに評価されるらしいよ。

それにこの段位制度では、専門学校や大学などの介護福祉士養成課程や実務者研修を修了すると「レベル3」のランクをもらえて、さらに介護福祉士の国家試験に合格すると、「レベル4」なんだって。「レベル4」以上はプロレベルということになって、「レベル4」以上になると、それぞれの職場で働く人の段位を認定する「アセッサー」という‘偉い人’にもなれる道が開けるんだって。ちなみに入門クラスの「レベル1」はホームヘルパー2級研修の修了者相当だそうだよ。

政府は2020年までに3つの分野で22万人への段位授与をめざしているんだ。でも政権もどうなるか分からないし、年内に本当にちゃんとした形でスタートできるのかなあ。

ということで、仕事に興味を持っている皆は、こんな動きもあるってことぐらいは知っておいてね。
  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.