職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2012年08月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
一隅を照らす

資格とる蔵でがんス。

なぜか今週の麿(マロ)は、妙にメランコリーでやんす。

 

別に失恋したわけではないのであります。
ただ夜空に皓皓(こうこう)と照る十三夜のお月さまを眺めていて
「一隅(いちぐう)を照(て)らす」
のフレーズがフッと頭に浮かんで、それでメランコリーな気分になりました。

 

「社会の片隅で自分にできる精一杯の努力をし
明るく光り輝くことのできる人こそ国の宝だ」

と天台宗開祖、最澄師が言った言葉だそうですが、まん丸お月さんを見上げていて
遠くシリアの戦場に散ったジャーナリストの山本美香さんこそ
まさに「一隅を照らす」人だったのかな、とその早すぎる死にメランコリーです。

 

男の人だって誰だってビビってしまう砲弾飛び交う戦場に出向く勇気には
ただただ頭が下がります。ホント、使命感の強い人だったのですね。

 

伝えられるところによると
山本さんは20歳代の後半に紛争報道の世界に入ったそうです。
内戦のせいで犠牲になるのは常に普通に暮らす人々で
彼女は女性や子どもをはじめ、弱い立場に立たされがちな人たちの姿を
大切に報じてきました。

 

平和ボケした日本からはなかなか想像しがたい
命の危険と隣り合わせの紛争報道記者ですが
他にも結構、命を賭けた崇高な仕事がありますよね。

 

紛争地での平和維持活動や被災地での救助活動を行う自衛官はもちろんのこと
抗争事件や強盗事件、立てこもり事件などに立ち向かう警察官に
猛火に飛び込む消防士、赤信号を救急車で疾走する救急救命士やガードマン等々。
もちろん、いつもいつもそんな危険な目に会っているわけではありませんが
ホント、頭が下がります。

 

そんな崇高な仕事にあこがれるマロではありますが
ビビリッチョマンのマロにはちょっと無理かも。
とにかく彼女をゲットするためにも一日も早く資格をとって
「一隅を照らす」人として社会に貢献したいと強く思う今日この頃のマロでありんす。

「作文・創作コンテスト」
2012.08.24   イベント
こんにちは。
職体ネットの天職みつけ隊の親分、見つけ太郎です。
8月も残りあとわずか。
今日から二学期の始業式の学校もあるみたいですね。

さて、本日は天職見つけ隊が毎年参加している
職業体験セミナーの記念事業
「作文・創作コンテスト」のお知らせです。

作文・創作コンテスト
http://www.syokutai.jp/go/contest/index.html

【テーマ】

これから10年後、20年後のあなたは
どのように生きているのでしょう
どんな仕事をしているのでしょう

皆さんが30、40歳代になった時、自分らしい本当に生き生きとした人生を
送っているために今、何を考え、何に取り組めばよいのか皆さんの思いを次の
(1)~(2)部門の形で表してみてください。

【応募資格】
近畿地方の高等学校、特別支援学校高等部、高等専門学校(第3学年までに限る)
生徒ならびに専修学校及び各種学校の修業年限が高等学校と一致している生徒

【応募部門】

(1)作文の部
  テーマ1:私の将来
  テーマ2:職業体験ネット 私の活用法
  1200字~1600字
  ※400字詰め原稿用紙4枚
   またはA4用紙タテで横書きに設定し1枚に応募(手書き・PC可)

(2)創作の部 
  (演劇/お笑いの台本・ストーリー漫画・川柳(2句以上)・小説)
  テーマ3:私の将来
  *目安として、審査員が10~60分で表現(読破)可能と判断できるもので、
   400字詰め原稿用紙を使用するかA4用紙タテで縦書きに設定し応募

【応募期間】
平成24年8月1日~同年10月末(当日消印有効)

【送付先住所】
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-10-15 4F
(問合せ先)TEL 0120-414-687  MAIL go@syokutai.jp

※詳しくは作文・創作コンテスト応募要項ページにてご確認下さい

ご応募できるのは、近畿地方の高校生の皆様だけになりますが
自分の将来について考えてみる良いきっかけになりますし
最優な作品は、第12回職業体験セミナーの会場ステージ
(12月18日大阪府立体育会館)で各賞を発表。
さらに受賞者を招待し、表彰式を行います。
(最優秀賞は図書券2万円です)

作文はメールでも受け付けているので、原稿用紙がない人も
go@syokutai.jp宛にお気軽にご応募下さい。

以上、見つけ太郎からのお知らせでした。

仙台に行ってきました

とる蔵です。

久しぶりに仙台に行ってきました。

昨年も同じ頃仙台に行ったのですが、随分違うのに驚きました。

 

仙台空港から仙台市内に向かう道中

昨年はまだ瓦礫も多くあり

海岸線では海水を被った植物が赤く枯れていたのですが

今年は青々と茂っているのがとても印象的でした。

 

地元の学生A子さんと話をしました。

A子さんの話によると

「瓦礫などは随分きれいになったのですが

離れたところではまだ手つかずの場所もあるんです。」

とのことでした。

 

A子さん「でも、町はきれいになっても母の職場(水産加工工場)など

再建の見通しは立っていない。

地元企業が多く、生活も大変になってきています。」

 

とる蔵 「大変だね!A子さんはどうするの?」

 

A子さん「友達の中には、地元で頑張るという子多く

わたしも地元で働きたいと思っているんです。

こんな時こそ、資格でしょう!とる蔵さん!!

私は、理学療法士の資格を取り

地元で就職しようと思っています。」

 

とる蔵 「えらいねぇ~!A子さんは。がんばってね!」

 

時間がたつにつれボランティアの人や

応援に来てくれていた人たちが少なくなっていることが気になります。

A子さんが言っていました。

 

本当の復興はこれから!

 

まだまだ大変な被災地を実感しました。

進路研究
2012.08.10   更新情報
高校2年生の夏休み、前半をダラダラ過ごしている
天職見つけ隊の隊長、天職見つけ丸です。

そろそろ、夏休みの宿題にとりかかろうと思っているけど、
暑い→動く気がしない→ロンドンオリンピックで寝不足→朝寝坊…
この繰り返しで、2週間が過ぎました。
言い訳ばかりでごめんなさい。

ところで、夏休みの宿題で、一番気になっているのがアレ…。
そうです。
同じ高2のみなさんなら、既にお分かりの「進路研究」です。
夏休みに興味のある学校に行ってこい…ってやつです。

今、学校でもらったプリント見てます。

一番上には、赤字で大きく「聞くと見るとは大違い 百聞は一見に如かず」と書
いてあります。

その下には、

1.なぜ興味を持ったのか
2.見学した学校のこと
3.チェックポイントと項目が続きます。

具体的には

①通学時間や交通手段
②どんな勉強をするのか
③卒業後、どんな仕事に就けるのか
④資格の取得率
⑤就職率
⑥施設や設備
⑦入学試験
⑧在校生や卒業生と話して、どう感じたか
⑨学校の環境や雰囲気
⑩卒業するまでに必要な学費や費用

なかなか、盛りだくさんです。(>_<)


でも、こんな時に役に立つのが、この職業体験ネット
人気職業から専門職まで、500職以上の仕事を紹介している
体験型職業紹介のポータルサイトです。

職業体験ネット
http://www.syokutai.jp/

担任の先生は、「やりたいことを見つけなさい」って教えてくれるけど、
やりたいことの見つけ方は教えてはくれません。

ダラダラの夏休みとは、今日?でオサラバ
やっぱり、自分のことだから自分でしっかりと動かないとネ。


夏休み、後半に向けて、気持ちを入れ直した、天職見つけ丸でした。


でも眠い (-_-)゜zzz…

米朝さんのロボット
2012.08.03   更新情報
やったね!

日本もようやく金メダルが取れだして
柔道女子57キロ級の松本選手に続いて
28年ぶりに金メダルをとった体操の内村航平選手。
ホントすごかったね。
跳馬、鉄棒、あん馬が最高点で
ただひとり全種目15点以上のダントツ。

あれで難度を落とした演技だって言うのだから。
もうボクなんか見てても分かんないよ。
すごい!って事以外は…。

「極めた美」とか「愛の放物線」だとか
「異次元一人旅」だとかの表現でマスコミも興奮しているけど
正直いって、ロボットにはまだまだ表現できない肉体の動きだよね。

でも最近のロボットはすごいよ。

現在大阪市のサンケイホールブリーゼで開かれている

米寿記念 米朝展」(8月1日~9日開催)

で、落語家の桂米朝さんにそっくりのアンドロイドを見てきたけれど
米朝さんが「気色悪い」って言うほど、動作も眼の動きも良く似てるんだ。

なんでも大阪を元気にしようって、大阪大学大学院の石黒浩教授や
映画「ハリー・ポッター」のフィギュアなどを手がけた
特殊メークアーティストの遠藤慎也さんらが制作にあたってきたんだって。

アンドロイドは初めて手がけたという遠藤さんも会場にいて
「照明の明るさなどに合わせて表情を作るのに気を使いました」
って、話していたよ。
特殊メークアーティストってかっこいいけど
遠藤さんはアメリカに渡ったりして
独学で技術を身につけてきたっていうから、すごいよね。

内村選手も小、中学生のときは、大会でいつもビリの方だったけど
こつこつと努力して一歩ずつ這い上がって
世界最高の美技を見せるところまできたんだって新聞に載ってたけど
ボクももっと頑張らなくっちゃいけないよね。

そういえば、会場にイベントのお手伝いをしている
学生さんたちがいたので聞いてみたら
大阪ハイテクノロジー専門学校のロボット学科で

ロボットエンジニア
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb03140/

ロボットオペレーター
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb03150/

をめざす学生さんや
大阪スクールオブミュージック専門学校の商業音楽科で

美術プランナー
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb04880/

イベンター
http://www.syokutai.jp/job/detail/jb00700/

をめざしている学生さんたちだったよ。
 
みんな、夢をもってイベントの現場にも出てきて頑張っているんだね。
ホント、ボクも早く仕事見つけなくっちゃ――。

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.