職業バーチャル体験で、仕事や資格を理解!現場で働く天職人の声もお届けします。

職業体験ネットのブログ
ブログ内検索
 
自分の好きなことが仕事になったら幸せだし、みんなそれを探してる!
天職みつけ隊は、職業のナビゲーター&みなさんの相談相手です。
<< 2012年05月 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
金冠日食
2012.05.23   将来・進路の相談
金環日食で始まった今週、
みなさんの住んでいる町では、「輪っか」きれいに見えましたか?

気合を入れて、観測セットを枕元に用意して寝たにもかかわらず
気になって、何度も夜中に目が覚め、
金冠日食中は爆睡 (-_-)゜zzz…だった天職みつけ丸です。


重なりあった瞬間のリングを見ながら、宇宙の神秘や偉大さを感じた人も
多かったのではないでしょうか…。
テレビで映し出されるきれいなリングを羨ましくみながら、
将来の夢はと聞かれれば[宇宙飛行士]と言ってた子供の頃を思い出しました。


ところで、「宇宙飛行士」ってどうすればなれるのでしょうか?


まずは、日本では、JAXA(宇宙航空研究開発機構)に
採用されなければなりません。
そして、採用条件はやっぱり難関で、
大学(理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等)卒業以上で
あることや自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に
3年以上の実務経験があることなど色々な条件があります。
また、訓練は水中で行うので、服を着たままで
10分間立ち泳ぎができることという、ちょっと変わった項目もありました。

現在は、募集をしてはいないですが、興味のある方は、
JAXA(宇宙航空研究開発機構)のHPを見てください。

http://iss.jaxa.jp/astro/select2008/pdf/bosyuyoko.pdf


そして、ちょっと気になる収入は、大学卒30歳で月給30万円、
35歳で月給36万円程度だそうで、
飛行士に認定後は3割、フライトが決まると7割増額になるそうです。
また、宇宙へフライトしたりすると給料も上乗せされるようです。

特別なイメージの宇宙飛行士ですが、
収入的には一般とそんなに差はないようです。


新しい学年になって初めての中間テスト、宇宙への憧れを抱きながら、
頑張りたいと思いますヾ(´▽`;)ゝ

  
 
Copyright (c) 2011 職業体験ネット All Right Reserved.